ダイハツ ミラジーノ 板金 塗装 ヘコミ キズ 修理 香川 高松

HOME > 板金・塗装 修理事例 > ダイハツ ミラジーノ 板金 塗装 ヘコミ キズ 修理 香川 高松

ダイハツ ミラジーノ 板金 塗装 ヘコミ キズ 修理 香川 高松

平成20年式 ダイハツ ミラジーノ

ミラジーノとしては2代目で、後継車にミラ・ココアがいますね!

 

今回修理させて頂く箇所は、左後ろドア周辺になります。

 

本来は給油口の周りのパネルは交換するのですが、費用を抑えての修理との事で鈑金でキッチリ修理をしていきます!

 

古い塗装を剥がし、鉄板を剥き出しにしてから、ハンマーで成形していきます。

 

成形後、パテ(乾くとカチカチに固まる粘土みたいなもの)を塗って細かい凹凸を

 

紙やすりで滑らかにした後、プラサフ(密着性、防錆)を吹き付けます。(下の画像・ピンク色部分)

乾いたプラサフを紙やすりでさらに滑らかにし、色合わせ、塗装工程へと移っていきます。

塗装完了後、磨いてピカピカにしてから洗車で作業完了となります!

 

ご覧の通りとても綺麗に仕上がりました!

 

☆☆☆ラチェットモンキーでは見積り・代車無料です!☆☆☆

キズ・ヘコミ気になる方は是非一度ご相談を!