廃車にする際に委任状が必要なときとは?

HOME > プロが教える!マイカー整備の基礎知識

廃車にする際に委任状が必要なときとは?

ご家族名義のお車を廃車にするためには、どんな書類が必要かご存知ですか?自動車の名義人でない方が、本来の名義者に変わって廃車手続きを行う際、委任状が必要です。今回は、委任状がどんな時に必要となるのか、また具体的な書き方にも触れながら解説していきます。

車の名義人以外の方が廃車にするためには、委任状が必要

委任状は、車の名義人以外の方が、廃車手続きを行う際に必要な書類です。例えば、父親から自動車を譲り受け廃車にする場合でも、名義変更をしておらず、権利まで移転していなければ、廃車にする時に委任状が必要です。もちろん、父親本人が廃車にする場合は、委任状は必要ありません。

委任状に必要な項目について

委任状には、正式な書き方がないため、下記項目を満たすことで、法的効力を持つ書類として用いることができます。

委任状
・委任者と受任者の住所、氏名
・委任年月日
・委任内容
・自動車の登録番号
・車台番号
・委任者の実印

 

これらを記載することで、委任状が作成できます。自分で作成しなくても、国土交通省のホームページからダウンロードできますので、必要なタイミングで利用しましょう。

委任状の書き方について

委任者と受任者の住所や氏名を記載する際、少し注意点があります。委任者とは、車の使用者ではありません。ここに書かれた委任者とは、自動車の所有者のことを表しますので、誤って記載しないようにしましょう。

他にも、自動車の契約時にディーラーが所有者となっている場合は、ディーラーに委任状を提出してもらう必要があります。その際、必ず印鑑証明書に記載されている住所が一致するように注意を払いましょう。

そして、受任者は、廃車手続きに行く人を表しているため、現状では空欄で問題ありません。普通自動車を廃車にする際、委任状に押す捺印については、印鑑証明と同じものを利用します。軽自動車の場合も捺印を押すことには変わりありませんが、申請用紙が異なり、「申請依頼書」という書類を提出することになります。この場合、実印でなくても認印で代用できます。

香川県での廃車手続きに関するご相談は、ラチェットモンキーまで

廃車手続きについて、不明点がございましたら、まずはラチェットモンキーにご相談ください。当社では、廃車について専門的な知識を有するプロフェッショナルがお客さまの廃車手続きをサポートします。

実際に、廃車予定のお車を査定させていただき、買取額が5万円以上ならガソリン値引きの特典をご用意しております。廃車に必要な抹消登録についても、書類手続き等すべて無料で代行させていただきます。車検が残っている場合は、自賠責保険や自動車税の還付金を返金させていただきますので、是非ご相談ください。

ラチェットモンキーの車両買取りはこちら

 

【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2017.12.19│廃車