タイヤの交換時期っていつ頃ですか?

HOME > プロが教える!マイカー整備の基礎知識

タイヤの交換時期っていつ頃ですか?

みなさんはタイヤの交換時期についてご存知ですか?毎日乗っているとついつい忘れがちなタイヤの消耗、実は放置したままにすると大変なことになります。今回は、タイヤの交換が必要になる理由、その時期などタイヤに関することを説明していきます。

交換が必要な理由

タイヤの交換が必要な状況は以下の通りです。

・タイヤの溝が減りすぎている

・ひび割れ、亀裂が入っている

タイヤの溝について

タイヤには溝が彫られているのをご存知でしょうか?実は、この溝はタイヤにとって重要なもので、この溝が浅くなればなるほど走行に支障が生じます。このタイヤの溝は、走行するごとに少しずつですが減っていきます。

ではなぜタイヤに溝が必要なのでしょうか?みなさんは、ハイドロプレーニング現象という言葉に聞き覚えはありませんか?もしかすると自動車教習所の試験で見かけたという方もいるかもしれません。ハイドロプレーニング現象とは、雨天時など濡れている路面を走行する際、タイヤが路面から浮き上がった状態になってしまい、ブレーキをかけても効かず、ハンドルを切っても反応が無くなってしまう現象です。

タイヤの溝はこれを防ぐために、タイヤと路面の間の水を排水してブレーキやハンドルの効きを保つ役割があります。

買ったばかりのタイヤは、この溝が8mmあり十分な排水能力があります。しかし、走行するごとにタイヤの表面は摩耗し、溝が浅くなっていきます。溝が浅くなったタイヤは、排水能力が低下し、濡れた路面でのブレーキの効きが悪くなります。よって、この溝が減り、溝が1.6mm以下になったことを知らせる「スリップサイン」が1カ所でも出た時点で即交換する必要があります。この溝が1.6mm以下の状態で走らせることは道路交通法違反になり、罰金の対象にもなりますし、車検にも通らなくなります。「スリップサイン」の露出したタイヤは必ず交換して下さい。

タイヤのひび割れ・亀裂について

タイヤはゴム製品ですから、年数が経つにつれて自然と劣化していきます。劣化の具合によってはひび割れなどが発生します。このひび割れを放置すると最悪の場合、走行中にバースト(破裂)する可能性があり、非常に危険です。ひび割れや亀裂を発見したら早めに交換しましょう。

定期的にタイヤの状態をチェックするよう心掛け、特に高速道路を走行する前などには必ず確認しましょう。

交換時期はどのくらいが目安?

スリップサインが出始めるまでの目安

ではどのくらいの距離を走ればスリップサインが出てくるほどに摩耗するのでしょうか。タイヤの溝は一般的に5,000キロで1mm摩耗すると言われています。1.6mmがスリップサインの出る深さで、購入時は8mmです。

よって

8mm-1.6mm=6.4mm

6.4mm×5,000キロ=32,000キロ

となり、約32000キロを走行するとスリップサインが出る計算になります。

しかし、タイヤは走行する路面状況が悪かったり、ハンドルを切る回数や発進と停止の回数が多かったりすると早く摩耗します。あくまで距離は目安と考え、30,000キロ前後で減り具合を確認する癖を付けましょう。

 

ゴムの劣化の目安

タイヤメーカーは交換時期を4~5年と推奨しています。仮に車にあまり乗らずに溝摩耗が殆どない状態であってもゴム製品は必ず劣化します。さらにタイヤの経年劣化はひび割れなど目に見えるものより、目に見えず進行するものもが多く、見た目からでは判断ができません。新品で購入したタイヤであれば、4~5年を目安に、中古車など、タイヤの経過年数が分からない場合にはタイヤ側面に刻印されている製造年を確認し、目安にしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。普段走っていると忘れがちですが、タイヤは常に地面と接して走るたびに削れています。走行に異常がなくとも劣化が進み、突然トラブルに見舞われることもあります。

定期的なメンテナンスが難しい方は、車検時に確認してもらい、タイヤ交換などのアドバイスを受けるのがよいと思います。もし香川県で車検を受ける予定があれば、ラチェットモンキーをご利用ください。満了日の1ヵ月前から車検が受けられますので、余裕をもって準備しておくことが大切です。

弊社の車検サービス「スーパー立ち合い車検」をご利用いただければ最短30分で車検が完了します。お忙しい方でも空いた時間で車検を済ませることができます。立ち会う時間のない方は、「スーパーワンデイ車検」をご利用いただくことで、朝に車を預けて夕方に受け取ることもできます。

弊社では、インターネットから早期にご予約いただいたお客様に車検料金が1,000円割引になるサービスや最大6ヶ月分のガソリン値引きの予約特典をご用意しております。ぜひ当社の車検サービスをご利用ください。

2018.01.31│車検