車を買い替える目安は何年ですか?

HOME > プロが教える!マイカー整備の基礎知識

車を買い替える目安は何年ですか?

新車に買い替える際、今の車は何年ほどで売るのがよいのでしょうか?今回はそんなお悩みにお答えしていきたいと思います。新車買い替えをご検討の方はぜひ今の車の年式などを確認してみてくださいね。

目安は年数よりも走行距離

まずは結論からですが、車の劣化は走行距離を主として見ることが多いです。理由はいくつかありますが、一つは各部品の寿命が走行距離に比例して劣化していくためです。もちろん、乗らないまま放置しても車の部品は劣化しますが、それ以上に走行するほどによる摩耗や劣化は激しくなります。その目安とされているのが10~15万キロです。これはエンジンが最初の部品のまま走行し続けた際に、故障などが起こり始める平均的な距離が10~15万キロとされ、この距離を目安に買い替える人が多いことから一般的に車の寿命とされています。

もちろん使用状況によっても変わってきますから一概に10万キロ以上で寿命が来るわけではありません。あくまで目安程度に考えて頂ければと思います。

買い替えの目的によっても基準は変わる

例えば、今の車を出来るだけ長く乗りたい人の場合、買い替えの目安はその車の修理ができる限界までとなります。逆に今の車を出来るだけ高く売り、新車を買いたい人の買い替えの目安は今の車が高く売れる状態を指します。

高く売れる目安とは

今現在、日本では10万キロを超えた走った車であっても、中古車としての価値は十分にあります。これは海外販路の拡大などによって、日本車の需要が増したためです。しかし、一般的な日本人の基準は10万キロ以上乗った車は買い替え対象です。よって、海外販路や部品販売などのルートを持たない、ディーラーや中古車販売店では価値がつかないことが殆どです。

ある程度の期間で新車に乗り換えたい!という方は、走行距離が5万キロ未満を目安にすれば、場合によっては購入価格の20~30%という高値で売却できるケースもあります。これは国内での需要がまだ十分にあると判断されるためです。

出来るだけ長く乗りたい

今の愛車を出来るだけ長く乗りたい場合、定期的なメンテナンスはもちろん、部品の交換なども必要になります。日本車であれば、部品を交換ししっかりとメンテナンスを行えば30万キロ以上の走行も可能だそうです。先ほどの年間平均10000キロとしても30年は乗り続けられる計算になります。しかし、これはあまり現実的な話ではありません。一般的に自動車メーカーは交換用の部品は20年以内で生産が終了します。別会社が代用品を販売することもありますが高価なケースが多く、修理費用が多額になります。

また、重量税が13年以上の車は1.3倍、18年以上で1.5倍と値上がりするため、維持費も上がってゆきます。長く乗り続ける場合にはこれらの費用面も考慮し、売却するタイミングを考えておいた方がよいかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。長年連れ添った愛車はなかなか手放しにくいものですが、費用面を考えると思いきって廃車にして、新しい車に乗り換えるのも一つの手段です。

もし、香川県で車の廃車をお考えでしたら、ラチェットモンキーにご相談ください。

当社は、廃車不動者どんなお車でも最低1万円から買い取ります。査定に出したものの、金額が0円だった、というお車でも買い取らせていただきます。

走行不能なお車なら自宅まで香川県内3店舗からどこからでも無料出張査定に伺います!もし、査定価格が5万円以上の場合は、ガソリン値引き特典もご利用いただけますので、まずはご相談ください。

2018.01.31│廃車