所有者が海外に住んでいますが廃車にすることはできますか?

HOME > プロが教える!マイカー整備の基礎知識

所有者が海外に住んでいますが廃車にすることはできますか?

308a3c33a2c5ae68c851be45be0ef71b_s.jpg

所有者が海外に住んでいるケースでも、廃車にすることは可能です。住民票が国内にあれば通常の廃車手続きと変わりません。しかし長期滞在や移住などを理由に国外転出の届出をしているケースでは、住民票や印鑑証明などは国内になく、この点が問題になります。

所有者が海外に住んでいる場合の廃車に必要な書類

通常、廃車手続きの際には実印や印鑑証明書がなければいけませんが、所有者が海外に住んでいる場合、サインとサイン証明書を実印や印鑑証明書代わりとすることができます。サイン証明書は海外の領事館で作ることが可能ですが、申請のしかたや必要書類などが各国の領事館で違うことがあるため、確認しましょう。

なおサイン証明書の申請が可能な方は、日本国籍で日本国内での住所登録がない方限定です。ほかには、国内にいたときの最後の住所地の、住民票の除票も準備しなければいけません。または複数回転居しているケースでは、戸籍附票を準備する必要があります。

所有者本人ではなく国内にいる家族や知り合いなどが代理人として用意する場合、所有者は申請書類などにサインをし、サイン証明書と一緒に日本へ送る必要があります。また、住民票の除票を入手する際にも、所有者の委任状と窓口で手続きをする代理人が本人であることを証明できるものが必要となります。

廃車の手続きと注意しなけらばならないこと

必要なものが全て揃ったら、最寄りの陸運局へ行くことになります。ナンバープレート2枚と車検証を持って行けば、廃車手続きを済ませることが可能です。なお、陸運局では別途、専用の用紙を作成することになるほか、印紙も必要になります。

作成する用紙には所有者の現住所を書く項目があるため、控えておくのを忘れてはいけません。書類が全部用意されていないなどの不備があれば、一度取りに戻る必要がありますので気をつけましょう。もし、申請のためにどういう順番で、どこで何をすればいいのか、廃車手続きに関し不安が残るということであれば、業者に依頼するのも良いでしょう。

廃車を買取ってくれる業者探しを

業者によりますが、廃車手続きを無料で行ってくれるだけでなく、処分したい車に値段をつけての買取が実現する可能性もあります。金が得になるだけでなく、時間や手間も省くことができますので、業者への依頼を一度、検討してみてはいかがでしょうか。

インターネットで利用可能な、廃車買取業者の一括無料査定サイトを利用してみるのもおすすめです。サイトに登録している業者の中で、所有者が海外在住で廃車にしたい車の引き取りを希望するところがあれば、名乗りをあげてくれます。

所有者が海外に住んでいる場合、本人以外の方が代理人として廃車にできるということで、安心した方もいるのではないでしょうか。自力で手続きを行う自信がなくても、すでに述べたとおり業者にお願いする選択肢もあります。業者を利用する場合には複数社の査定を比較して、より好条件なところに廃車手続きや引き取りを頼むと良いでしょう。

香川県で廃車についてのご相談はラチェットモンキーに

もし、上記のように所有者が海外に住んでいて、廃車にしなければいけない事態が発生した際にはお気軽にラチェットモンキーにご相談ください。

ラチェットモンキーでは、廃車にかかる手続きや、高価買取など廃車でお悩みがちなことをすべて解決いたします。お悩みでしたらまずはご相談からでも受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください。

ラチェットモンキーの車両買取りはこちら

 

【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2018.05.07│廃車