改造車は車検に通りますか?通る基準は何でしょうか?

HOME > プロが教える!マイカー整備の基礎知識

改造車は車検に通りますか?通る基準は何でしょうか?

180810-1.jpg

車が好きな方の中には、愛車を購入したままの状態では飽き足らず、自分用に改造したいと思う人はいると思います。しかし改造した場合に車検が通るのかどうか、不安になるのではないでしょうか。改造車が車検に通るのか、通るとすれば基準はどうなっているのか検証してみましょう。

保安基準を満たしていれば改造車でも車検に通る

改造した車でも、保安基準を満たしていれば車検には通ります。違法にならないためには、交換してもいいパーツとそうでないパーツがあります。

交換しても良いパーツ

交換しても良い主なパーツには、以下のような物があります。

★エアスポイラー
★フェンダーカバー
★エキゾーストパイプ
★マフラーカッター
★タイヤやホイール
★ステアリングホイール
★変速レバー
★コイルスプリング
★ショックアブソーバー
★ストラット

他にもありますが、これらのパーツを交換しても保安基準さえ満たしていれば車検に通ります。走行には関係ないカーオーディオや空気清浄機を交換しても構いません。当然、指定部品以外を交換すると違法になります。

違法となる改造

マフラーを取り外したり切断したりするのは違法です。また、マフラーの手前にある触媒装置も取り外してはいけません。クラクションは交換しても構いませんが、音が大き過ぎたり音楽が鳴ったりするようなクラクションは違法となるので、気を付けてください。

灯火類の色も、たとえばウィンカーは橙でテールランプとブレーキランプは赤などと決められているので、交換するときは注意しましょう。運転席および助手席の窓ガラスに、着色フィルムを貼るのも違法となります。もちろん交換しても良いパーツでも、基準外のパーツと取り換えれば違法となるのは言うまでもありません。

構造変更申請が必要

同じ規格のタイヤやホイールなどの軽微な物を交換した場合は別ですが、車を改造したときには構造変更申請が必要となることがあります。構造変更申請とは、車の保安基準を満たす範囲で改造を行った場合に必要となる手続きです。たとえば後部座席を取り外して荷台のスペースを広げた場合などは、構造変更申請をしなければなりません。

運輸支局や軽自動車検査協会で行う構造変更申請

構造変更申請を行う場合、普通車なら管轄の運輸支局へ行ってください。軽自動車の場合は、管轄の軽自動車検査協会へ行きましょう。そこで書類審査を受けるわけですが、車検証のコピーや改造自動車等届出書、改造等概要説明書そして改造箇所の添付書類が必要です。交換部品に車検対応証明書や保安基準適合証があれば、それも持参してください。審査結果は状況により異なりますが、約1週間で出ます。

再車検が必要

構造変更申請に合格すれば、新たに車検を受けなければなりません。新車購入時は3年後に車検ですが、それ以降は2年ごとの車検となります。しかし車を改造した場合は、そのときに構造変更申請して、合格すればさらに車検を受ける必要があります。

したがって通常の車検を受けた直後に車を改造すると、また車検を受けなければならないので車検費用の無駄遣いとなるわけです。車を改造する場合は、車検時期に合わせて行うのがコツです。 ただ構造等変更検査は非常に厳しいので、車を改造して車検に通るかどうか不安な方は、専門業者に依頼した方が良いかも知れません。

香川県で廃車手続きの代行を依頼するならラチェットモンキーへ

香川県に在住の方で、車の改造を考えている方は、ぜひラチェットモンキーにご相談ください。ラチェットモンキーでは、車のことならなんでも相談に乗ります。もちろん土日祝日でも営業していますし、お休みのときにお立ち寄りいただければと思います。

車を改造した場合でも、検査員が車を確認して問題がなければ、構造等変更検査の代行サービスも行っております。ラチェットモンキーでは国家資格を持ったプロの整備士を多数揃えていますので、車に関しては安心してお任せください。

土日・祝日も車検OK!車検ご予約はこちら
10秒でカンタン見積り!車検見積はこちら
【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2018.08.09│車検