ラチェットモンキー ルート32号店
087-806-0032
上記電話番号をタップすると発信します。
受付時間 9:00~19:00 年中無休
(整備受付時間9:00~18:30)

閉じる

腕ききの一流板金塗装職人が、あなたの愛車をもと通りに修理します。
他社で断られるような車や部品交換で見積るような鈑金修理も、ラチェットモンキーの職人なら、ハンマリングで鉄板を成形できるため、安くキレイに仕上がります。
詳しくはこちら≫
ラチェットモンキーは車整備・修理のプロフェッショナル。
業界トップクラスの最新設備を完備し、どんな車にも対応できる環境を整えています。
より速く、高いクオリティのサービスをご提供いたします。
詳しくはこちら≫
新車のようにキレイに直したい方や、予算内でできるだけ、という方など、お客さまによりご要望は様々です。
私たちは、お客さまに選択いただけるよう、いくつもの代替案をご用意し、ご満足いただける板金修理を行っています。
詳しくはこちら≫

板金、塗装。ひとつひとつの工程に職人の腕の良さが光ります。

車のキズ・へこみの修理、どこでやっても同じという訳ではありません。もと通りには直らないと断られたり、丁寧に直せば安価でキレイに直るキズでも、すぐに部品交換を勧められることも。
ラチェットモンキーには『板金』『塗装』それぞれの専門職人がいるため、他社では直せないようなへこみやキズでも、高い技術力でもと通りに修理することができます。
へこみを形成するハンマリング、滑らかにするパテ付け、車の色にピッタリと合わせる塗料調色など、工程毎に丁寧な職人技が光ります。

業界トップクラスの最新設備を完備!

ラチェットモンキーは『あなたのクルマのお医者さん』として地域の皆さまにご愛顧いただいています。
お車のかかりつけ医として、どんな故障や損傷もキレイに直してあげるのが私たちの使命。そのためには、設備の充実は欠かせません。
板金・塗装も最高の仕上がりでお渡しできるよう、県内屈指の設備を整えています。中でも『超高張力鋼板対応スポット溶接機』は県内でも導入店の少ない希少設備で、部品交換せずに板金修理で直る割合が格段にアップします。

『価格重視』『仕上がり重視』など、お客さまのご要望に合わせます。

『新車のようにキレイに直したい!』『予算内でできるだけ目立たなくしたい』など、お客さまによりご要望は様々です。ラチェットモンキーでは、お客さまのご要望をお伺いし、予算やクオリティをご相談しながら、ご納得いただけるプランをご提案いたします。
技術や設備だけでなく、中古パーツを利用してコストを抑えるなどの手間を惜しまず、愛情をこめて愛車の修理に取り組んでいます。

車の板金塗装をディーラーに依頼した場合、修理工場を備えていないディーラーは、設備の整った町の板金工場に外注するため、中間マージンが発生してしまいます。
また、ディーラーは純正パーツを使用した修理が基本ですから、どうしても割高になってしまいます。

ラチェットモンキーに直接ご依頼いただいた場合、ディーラーを経由しない分、お安く修理することができますし、お客さまのご要望・ご予算に合わせて中古パーツを使用したり、丁寧な叩き出しで修理するなど、安くて美しく仕上げることができるのです。

ダイハツ ミラジーノ 板金 塗装 ヘコミ キズ 修理 香川 高松
日産 ピノ (スズキ アルト) トランク ヘコミ 修理 高松 香川
ヘッド ライト 光軸 調整 板金 塗装 香川 高松
トヨタ プリウスα (アルファ) フロントバンパー キズ 修理 板金 塗装
トヨタ ポルテ クォーターパネル へこみ 修理 鈑金 塗装
スズキ ワゴンR リヤバンパー バック 追突 事故 後ろ 修理 板金 塗装

リヤクォーターパネル修理
パネル左下部分に大きな凹みとアーチ部分に少しの損傷が見られます。
損傷確認
鈑金がしやすいようにリヤバンパー等、損傷部付近のパーツを取り外します。
鈑金整形
損傷箇所をハンマーで成形または手の入らない所は塗装を剥ぎ、スタッド溶接で凹みを出してきます。
パテ付け
パテは柔らかい粘土の様なモノで時間が経つと硬化します。パテが厚すぎると割れ、剥がれの原因になるので可能な限り薄く塗ります。
サフェーサー塗装
塗ったパテを平滑に研いで、サフェーサーを塗装します。サフェーサーには防錆と上塗り塗料との密着性を高める作用があります。
塗料調色
色は見る角度によって変化します。主に3つの角度がありますが、それぞれを合していきます。
塗装ブースでマスキング
先ほど塗ったサフェーサーを水研ぎし、塗装専用のブースでマスキングします。
マスキング(塗装をしない部分に色のミストが飛散しないように車体をカバー)します。
上塗り塗装
まず先ほど調色したカラーコートを塗装します。カラーコートだけでは艶が出ないのでカラーコートの上からクリヤを塗装します。
バフ磨き
数種類のコンパウンドを使い分け、全体をきれいに磨き塗装肌を整えます。