定期的なオイル交換が、愛車長持ちのコツ!香川県、ラチェットモンキーの自動車 オイル交換

HOME > サービス一覧 > オイル交換

エンジンオイルは、毎分何百回と回転するエンジンの摩耗を軽減したり、水分が触れてエンジン内部が錆るのを防ぐなど、車の心臓であるエンジンを守る大切な役割があります。
オイルを放置しておくと、煤や摩耗した金属粉などにより性能が劣化し、量も減ってきます。
走行距離の少ない車でも、酸化が進み、やはり性能劣化がおこり、エンジントラブルの要因となります。

ラチェットモンキーでは、大切なお車を長くお使いいただくために、定期的なエンジンオイルの交換をおすすめしています。
オイルの種類や使用状況、車の使用年数等により交換時期は異なりますが、一般的な目安として、3,000km、3ヶ月の交換をおすすめいたします。

エンジンオイルの抜き口に付いている、排液口を塞ぐネジをドレンボルトといいます。
オイル交換はこのドレンボルトを外して行うのですが、このボルトには液体を密閉するためのパッキンが付いています。
ドレンパッキンが劣化すると、オイル漏れの可能性も大きくなりますので、ラチェットモンキーではオイル交換時に無料で新品に交換しています。

ラチェットモンキーのメカニックは国家資格を持った整備士集団。オイル交換も、もちろん凄腕メカニックが行いますので、オイル交換時に車をリフトアップした際、同時に安全点検を行うことができるのです。

タイヤ
空気圧・スリップサイン・キズ・片減りなど
バッテリー
電圧・液量・液漏れ・腐食など
ブレーキオイル
液量・汚れ・液漏れなど
ラジエーター
冷却水の量・液漏れ・腐食など
オートマオイル
液量・液漏れ・汚れなど
ワイパー
ラバー(ゴム)の減り・キズ・金属の腐食