プロが教えるマイカー整備の基礎知識

HOME > プロが教える!マイカー整備の基礎知識

190601-2.jpg

車の買い取り査定を行ってもらうときにポイントとなる要素といえば、走行距離がまず頭に浮かびます。基本的に新しい車ほど査定が高くなりますが、走行距離の多い過走行車でも高く買い取ってもらうことができるのでしょうか?

気になる高額買い取りの条件をわかりやすく解説します。

買い取り査定額が下がる、過走行車

車は走れば走るほど各部品が摩耗し損傷も進むため、価値が下がります。標準的な走行距離を超えるペースで走り続けた車を過走行車といい、買い取り額はその度合いに応じて低くなります。

標準的な走行距離とは年間8,000kmから10,000kmの範囲を指しますが、総走行距離が50,000kmであってもその距離を2年間で走ったのか6年間で走ったのかによって買い取りの査定額は変わってきます。

つまり単純な総走行距離ではなく年数と距離によって評価が決まるわけです。ただし総走行距離が10万kmを超える車は年数に関わらず過走行車とみなされる傾向にあります。

過走行車や廃車同然の車にも価値はある

一般的に過走行車や動かなくなった車には価値がなく買い取ってもらえないと考えてしまいがちですが、この認識は正しくありません。

まず走行距離についてですが、特に日本車は品質が高いため大切に乗れば20万kmから30万km走ることもできます。10万kmを走った車は日本では過走行車といわれますが、海外ではまだまだ需要が高く現役ということがあるのです。

また動かなくなった車でもオプションパーツなどの部品に価値があったり、その他各部や車両本体に使われている材料にも資源としての価値があったりします。

高額買い取りの条件とは?

過走行車については買い取りの査定が低くなると説明しましたが、査定額を決める要素は他にもあります。主なポイントを重視される順に並べると次のようになります。

●走行距離
●車種の需要
●事故歴
●年式
●車両の状態

走行距離が少なく人気のある車種、さらに事故歴が無く年式の新しいキレイな車ほど高く買い取ってもらうことができます。古い年式の車で走行距離が10万kmを超えるような場合、買い取り価格が1万円を切るケースもめずらしくありません。しかしこのような場合でもあきらめて廃車にすることはないのです。

業者によっては過走行車や動かない車、廃車にするしかないような車でも買い取りを行ってくれるケースがあるためです。過走行車を買い取ってくれる業者は車の持つこれらの価値を理解しているからこそ、相応の査定を行っているのです。

香川県で廃車手続きの代行を依頼するならラチェットモンキーへ

年間の走行距離が8,000kmから10,000kmを超える車や総走行距離が10万kmを超える車を過走行車と呼びます。過走行車は買い取り査定額が低くなるのが普通ですが、それでも少しでも高く買い取ってもらえればと思うのが人の常だと思います。

ラチェットモンキーでは、どのような状態のお車でも1万円以上で買い取っています。過走行で普通は査定が付かないお車でも、ラチェットモンキーにご相談いただければ買い取らせていただきます!

ラチェットモンキーの車両買取りはこちら

 

【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2019.06.24│廃車

190601-2.jpg

車の警告灯が常時点灯していると、安全に走行できない恐れがあります。警告灯の種類によっては車検に通らない可能性もあるため、普段から確認する習慣をつけておきましょう。今回は警告灯の意味や主な種類、車検時の対策などをご紹介します

各機能の状態を示す、警告灯

運転席のメーターパネル内に設置されている警告灯はウォーニングランプやテルテールとも呼ばれるもので、各機能の状態や車両故障、異常の発生などを運転者に知らせるための装備です。

警告灯が点灯または点滅している場合は、その内容に応じて確認を行う必要があります。警告灯の種類やその表示はメーカーや車種、グレードなどによっても異なりますが主に緑、黄、赤の3色に分けられていて、緊急度や重要度に応じた状態表示を行っています。

緑色の警告灯

緑色の警告灯は表示灯とも呼ばれ、主に車の装備の状態を示すものです。点灯していても走行自体には影響しないものが多く緊急性は高くありません。方向指示器表示灯やライト点灯表示、エコドライブインジケーターなどが主に緑色で点灯するタイプの警告灯です。

このほかハイビームの表示灯や低水温表示灯など緑以外の色で点灯する表示灯もありますが、同様に緊急を要するものではありません。

黄色の警告灯

黄色またはオレンジ色で点灯する警告灯は、注意を要する警告です。点灯したからといって走行に必ずしも影響があるわけではありませんが、対象となる機能が正常に動作していなかったり一定の水準を下回ったりした際に点灯するものが多く、点灯した際には確認を行うことが推奨されます。

主なものにはブレーキシステム警告灯やエンジン警告灯、ABS警告灯などがあります。フロントガラスやリアガラスなどを洗浄するためのウォッシャー液が少なくなった場合の警告灯もここに分類されます。

赤色の警告灯

赤色の警告灯は機能に何らかの異常が発生していることを示すもので、より緊急度が高いものに採用されています。エアバッグ警告灯や油圧警告灯、水温警告灯など走行時の安全に関わるものが多いため、赤色の警告灯が点灯している場合には早急に確認する必要があります。

サイドブレーキを引いた状態で点灯するブレーキ警告灯はブレーキが故障している場合にも点灯することがあるので、サイドブレーキを下ろしているにも関わらず消灯しない場合には点検を受けるようにしましょう。

警告灯が点灯していると車検に通らない?

車検の目的は、車が安全基準を満たしているかを確認することです。故障や異常が発生して警告灯が点灯している状態では安全基準を満たさないとみなされ、車検に通らないことがあります。

平成29年2月の改正で厳格化された車検の基準では、次の警告灯が継続点灯または点滅している場合には検査を行わないこととされています。

●前方のエアバッグ
●側方のエアバッグ
●ブレーキ
●ABS
●原動機

これらの警告灯が点灯している状態だと検査時における車両状態に該当しないため、検査を受けることができません。対策としてはディーラーや専門業者に点検や交換を依頼するのがもっとも確実でおすすめです。

検査時における車両状態とはこれらの警告灯が点灯していないほか、未積載で運転者1名が乗車した状態であることや装着しているタイヤがスペアタイヤでないことなどの条件を満たす状態を指します。

基本的に黄や赤の警告灯が点灯している場合は必ず確認を行うようにしましょう。車検前には少なくとも上記の警告灯が点灯していない状態にしておかねばなりません。

香川県で車検を受けるならラチェットモンキーへ

車の警告灯は各機能の状態を示したり異常の発生を知らせたりするための装備です。緊急度に応じて緑、黄、赤の3色に分けられていることが多く、黄や赤の警告灯が点灯している場合は早急にチェックを行う必要があります。

エアバッグやブレーキ、ABSなどの警告灯が点灯している状態では車検を受けることができません。運転前や車検前には必ずそれらのチェックを行う習慣をつけ、点灯している場合はディーラーや業者に点検を依頼するなどの適切な対処を行いましょう。

ラチェットモンキーで車検を受けていただければ、車検前に問題のある個所を点検して、対処してから車検に通すことが可能です。

もちろん、作業の前に「車検に通すために必要なもの」と「緊急性はないけれど対処を推奨するもの」とを分けて明確にご提示して、ご納得いただいた上で行いますので、知らない間に作業が進み、後から費用が知らされるというようなこともありません。

土日・祝日も車検OK!車検ご予約はこちら

10秒でカンタン見積り!車検見積はこちら


関連する記事

車検なら、香川県高松市のラチェットモンキーへ!

【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2019.06.10│車検

190601-2.jpg

メンテナンスを丁寧に行っていれば、車は10年以上経っても快適に利用することができます。 しかし生活の変化によって車を処分する必要が出てくるケースがあります。

●引越しによって車が必要なくなった
●免許を返納したため車を処分したい
●病気になって車を運転する機会がなくなった
●結婚や子供ができたので車を買い替えた

こうした理由のために車を手放すことになる方も多いようです。大切に使ってきた愛車だからこそ、手放す時には少しでも良い方法を選択していきたいもの。
不要車の処分方法について解説します。

中古車を買い取りしてもらう

不要車を処分する方法として、最も良い方法は中古車を買い取りしてもらうことです。買い取ってくれる業者がいるにも関わらず不要車を売却せず処分してしまうのは、本当にもったいないです。
車を買い取りしてくれる業者には、以下のようなところがあります。

●中古車買取専門業者
●大手買取業者
●ディーラー

この中で最もおすすめなのは、中古車買い取り専門業者です。

・中古車買い取り専門業者が1番おすすめの理由

中古車買取専門業者には特別な販路というものがあるため、買い取り後に販売できる効果的な方法を知っています。
例えば「すでに買い取り予定の不要車を必要としている顧客を持っている」もしくは「業者専用のオークション会場で売却する予定」というような方法です。
つまり在庫として保管する必要がないため、買取金額が高くなるというわけです。
加えて中間マージンがほとんどないため、買取金額が他の業者よりも高くなる傾向があります。長年、大切に使ってきた愛車であれば、少しでも高く売却できる方がうれしいのではないでしょうか?
その意味でも中古車買い取り専門業者がおすすめとなります。ただし1社のみに見積もりを出してもらうと正確な数字が分からないので、複数の業者に見積もり依頼を出すようにしましょう。

・大手買取業者

大手の中古車買い取り業者でも、不要になった車の買取見積りを出してもらうことができます。
しかし先ほどの買い取り専門業者とは異なり、大手となると買取価格が低くなってしまう可能性があります。
大手買い取り業者を利用する前に、買取専門業者で見積りを出してもらっておきましょう。

・ディーラー

車を買い換える時にディーラー引き取りを利用する方が多いようですが、不要車の売却で1番査定金額が低くなるのがディーラーです。
ディーラーにとっては新車販売が本来の業務であるため、不要車の買い取りはノウハウや販路が少ないため、結果として査定金額が低くなる傾向があります。
できるなら他の方法で愛車を手放す方をおすすめします。

不要車を処分する

大きな事故に遭った場合や買い取り業者で値段がつかなかった場合、不要車を処分する必要が出てくるかもしれません。
それ以外の状況では、買取専門業者での売却を第一に考えてください。万が一全ての買い取り業者に断られてしまった場合は、以下の方法を試せます。

●事故車買い取り業者
●車両引取業者
●廃車

事故車を専門で買い取りしている業者であれば、まだ可能性があります。
日本車は海外で評判が良く、事故車でも高値で取引されることもあるため、販売ルートを持っている業者であれば不要車でも問題なく売却できます。
こうした業者でも難しい場合、普通車であれば○万円、軽自動車なら○千円で引き取るという業者を探しましょう。車の状態に関わらず値段が付くため0円にはなりません。

最後の不要車処分の方法は廃車手続きですが、これは自分で廃車費用を支払って行わなければなりません。
最近では廃車手続きを無料で代行してくれる業者もあり、注目を集めています。

不要車の処分方法はたくさんありますが、やはり1番大切なことは愛車にしっかり値段を付けてくれる買い取り業者を選択することです。
0円で手放すのは、本当にもったいないことなので、一度買い取り専門業者に相談してください。

香川県で廃車手続きの代行を依頼するならラチェットモンキーへ

お車の売却・廃車を依頼するなら、まずは中古車・廃車査定依頼が必要です。査定依頼はぜひラチェットモンキーをご利用ください。
各種特典もご利用いただけますので、まずはご相談ください。

ラチェットモンキーの車両買取りはこちら

 

【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2019.05.21│廃車

190601-1.jpg

車検の重要性は分かっていても、忙しくてなかなか車検を受ける時間がなく、知らないうちに車検切れになっていたという事がありませんか。

しかし車検切れの車を運転する事は、危険であるだけでなく非常に重い罰則があります。この記事では車検切れの車を運転した場合の罰則や、どうすれば車検切れの車でも、車検を受けられるのか解説しています。

車検切れの車を運転した時の罰則

最初に確認しておきたい点ですが、車検切れ自体が違法になるわけではなく、車検切れの車を公道で運転する事が、道路運送車両法第58条の違法行為になります。
ですから自分の敷地内に車検切れの車が置いてあったとしても、それだけで罰則が発生することはありません。車検とは公道を安全に走れることを証明するためのものです。
仮に車検切れの車を公道で運転してしまった場合、どのような罰則があるのでしょうか?

●刑事処分:6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金
●行政処分:違反点数6点・免停30日

車検切れの車を公道で運転してしまった場合、故意かどうかに関わらず上記の刑事処罰と行政処罰が課されることになります。非常に重い処分が課されることが分かります。
しかし車検切れの車には、もう1つの罰則が加わる可能性も否定できません。

・自賠責保険も合わせて切れている可能性

車検を受ける時には、一緒に自賠責保険(強制保険)への加入が行われます。そのため車検切れの車は、自賠責保険も期限切れになっている可能性が高いでしょう。
自賠責保険は絶対に加入していなければならず、きちんと更新していないと罰則があります。

●刑事処分:1年以下の懲役又は50万円以下の罰金
●行政処分:違反点数6点

行政処分に関しては、瞬間的同時違反という原則が適用されるため、違反処分の大きな方だけが適用されます。
車検切れの車を運転した違反点数と自賠責切れの違反点数が6点と同じであるため、最終的な行政処分は6点減点と30日の免停です。

しかし刑事処分については罰則が加算されるため、1年6ヶ月以下の懲役又は80万円以下の罰金という処分となります。
さらに自賠責保険が切れている状態で車を運転し、事故を起こしてしまった場合、保険が適用されないため、賠償金額が天文学的な数字になる可能性も否定できません。
ですから車検切れの状態で車を運転することは、罰則という面だけでなく、非常に大きなリスクを抱えているという点を意識しなければならないでしょう。

車検切れの車を車検に通す方法とは?

車検切れが近い車であれば、今すぐに車検の申込みを行うようにしてください。
では仮に車検切れになってしまった車は、どのように車検を受けられるのでしょうか?
一般的な方法は以下の2つの方法になります。

●レッカー車による引取
●仮ナンバーの発行

民間の車検場の中には、車検切れの車をレッカー車で引取りに来てくれるところもあります。しかしレッカー車を利用して車両の受取を行うため、通常の車検費用よりもはるかに高額になりますから、レッカー車を利用する方法は、あまり現実的な方法ではありません。

もう1つの方法である仮ナンバーを役所で発行してもらうという方法が、車検切れの車が車検を受ける安価な方法になります。市役所に行って仮ナンバーを取得すると、数日間は公道を運転できるようになり、車検を受けられます。

車検を受けるつもりではあるものの、忙しくて申込みもできていないという方や車検切れになってしまっている方もいるでしょう。

最も良い方法は車検が切れる前に、土日でも車検を受けられる車検業者などを利用することです。車検切れの車を運転する罰則は非常に重いため、早めに便利な車検場を利用するようにしてください。

仮に車検切れになってしまった場合でも1日くらい大丈夫と考えるのではなく、仮ナンバーを役所で発行してもらってから公道を走るようにしましょう。
車検切れの車への取締は徐々に厳しくなっていますのでご注意ください。

車検・法定点検のご相談はラチェットモンキーへ

お車の検査・点検に関することならラチェットモンキーへご相談ください。 ラチェットモンキーでは、お客様の予算や状況に合わせて最適なご提案を行っております。

車検は土・日・祝日も受付しております。ぜひスタッフにお問い合わせください。

インターネットから車検のご予約も受け付けております。是非ラチェットモンキーの車検をご利用ください。

土日・祝日も車検OK!車検ご予約はこちら
10秒でカンタン見積り!車検見積はこちら
【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2019.05.08│車検

190424-1.jpg

様々な費用がかかる車検のうち、法定費用として含まれる項目のひとつに自動車重量税があります。
名前は聞いたことがあるが、詳しい意味や実際に払っている額などはよく知らないという人も意外に多いのではないでしょうか。
今回は、車検で支払う自動車重量税の税額について、最新情報も含めてわかりやすく解説します。

自動車重量税とは?

自動車重量税は自動車の区分や重量、経過年数などに応じて課せられる税金で、自動車重量税法で定められている国税の一種です。
元々は道路の整備や維持等にかかる費用をドライバーに負担してもらう、受益者負担の原則に基づいた道路特定財源定制度によって定められたものです。重い車ほど道路にも負担をかけるため税額も高くなるわけです。

現在はこの道路特定財源が一般財源化されているため、その原則が曖昧になっている部分がありますが、基本的な考え方としては理解できるところでしょう。
車検証の交付を受けるすべての人に納税義務がある自動車重量税は、原則として車検を受けるタイミングで納付することになります。

自動車重量税の額はどのようにして決まる?

自動車重量税の額はすべての車で一定ではなく、車の種類と重量、そして車齢という3つの要素によって決まります。自家用普通車の場合は0.5トンごとに額が増えていく仕組みになっていて、税額は1年ごとの額として定められています。
ただし二輪の軽自動車や検査対象外軽自動車は新車届出時1回のみの納付となります。

減免が受けられる、エコカー減税

自動車重量税に大きく関係する減税制度として、平成21年度(2009年度)の税制改正で定められたエコカー減税があります。

これは自動車重量税と自動車取得税に対する特例措置として、一定の条件を満たす車について減免を適用する制度です。元々平成31年(2019年)3月31日までの予定でしたが適用期限が2年間延長され、令和3年(2021年)4月1日までとなりました。
条件は排出ガス規制用件を満たしていること、かつ燃費基準における達成度が一定以上であることで、達成率に応じて減免区分が変わる仕組みになっています。

税額を決める区分の種類

税額を決める区分は基本的に新規登録時およびその後の継続車検時のそれぞれで定められていて、乗用車の場合は新規登録時の区分が次の6種類に分かれています。

★エコカー減免適用 免税
★エコカー減免適用 75%減
★エコカー減免適用 50%減
★エコカー減免適用 25%減
★エコカー本則税率
★エコカー減免適用なし

平成30年5月1日以降に新規登録をする乗用車で排ガス規制要件を満たし、かつ平成27年度燃費基準+10%を達成している車両については、本則税率となります。

2回目以降の車検となる継続検査時の区分は次の6種類です。

★エコカー減免適用 免税
★エコカー本則税率
★エコカー以外 13年未満
★エコカー以外 13年経過(平成28年3月31日まで)
★エコカー以外 13年経過(平成28年4月1日以降)
★エコカー以外 18年経過

平成32年度燃費基準を達成していれば、その達成状況に応じた免税が適用されます。免税対象外の場合は新規登録から13年、18年を経過した時点で税額が上がる点に注意しましょう。

自動車重量税の還付制度について

自動車重量税は車検の際に納付するものと説明しましたが、これは車検の有効期間分を前払いしているという意味です。車検の満了日までに車を処分することになった場合は、納付した自動車重量税の還付を受けることができます。
ただし還付を受けられるのは車が自動車リサイクル法に基づいて適正に処分された場合に限られます。
還付金額は残存期間に応じて月割で計算されるため、残存期間が1ヵ月以上ある状態で処分する場合は還付金の申請手続きを忘れずに行いましょう。

車検や整備に関するご相談はラチェットモンキーまで

今回解説した自動車重量税や車検の詳しい仕組みは、普段は意識することが少ないかもしれません。
特に車検をディーラーで受けている方の場合はこうした詳細に対する意識が低くなりがちです。自分が車検の費用としていくら払っているか、そしてその内訳がどうなっているかを知ることは支出をコントロールする意味でも有益です。

香川県のスーパー整備工房、ラチェットモンキーでは車検や車に関する相談を随時受け付けています。
豊富な知識と技術を持つスタッフが多数在籍しているので、疑問に思う点があれば気軽に問い合わせてみましょう。

香川県での廃車に関するご相談はラチェットモンキーまで

 

ラチェットモンキーの車両買取りはこちら

 

【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2019.04.21│車検

190424-2.jpg

もし事故を起こして、車が大破して走行不能になってしまったら。残念ですが車を処分することも考えなくてはなりません。
事故車の処分の、主な方法は廃車と売却の2つがあります。
今回は、それぞれの違いや費用の詳細、どちらがお得かなど、わかりやすく解説します。

事故車の処分方法

事故による車の損傷が軽ければ、修理を行うことで乗り続けることができます。
しかし修理が不可能なほど損傷が激しい場合や、修理費用が車両の時価額を超えてしまう場合もあります。いわゆる全損の状態です。こうなると車を処分する方向で考えざるを得ません。

車を処分する際の主な選択肢としては、廃車と売却の2つが挙げられます。

廃車手続き

廃車とは、運輸支局に登録されている車籍情報を取り消して車が走行できない状態にする手続きで抹消登録ともいいます。

抹消登録には使用を一時的に中断する一時抹消と完全に処分する場合の永久抹消がありますが、事故車を処分する場合は基本的に永久抹消を選択することになるでしょう。

手続きを自分で行う場合はまず車体前後のナンバープレートを取り外し、リサイクル業者に解体を依頼した後に必要書類を揃えて運輸支局に赴く必要があります。
これらの手続きは平日にしか行えませんが、手続きはカーディーラーや代行業者に代行してもらう手もあります。

廃車手続きでは主に次のような費用がかかります。

★解体費用
★リサイクル料金
★運搬費用
★申請書類代

リサイクル業者に解体を依頼する際に必要となるのが解体費用とリサイクル料金です。解体費用は大体1万円から2万円、車種によっても異なりますがリサイクル料金も1万円前後必要になります。

申請書類代は数百円程度ですが、自走できない場合に必要となる運搬費用も数千円から1万円近くかかる場合があるためトータルで最低でも3万円前後は見ておかなくてはなりません。手続きの代行を依頼する場合は代行費用も必要です。

買取業者への売却

事故車を処分するもうひとつの方法が、中古車買取業者や廃車買取業者への売却です。 「果たして事故車が売れるのか」と疑問に感じる人も多いかもしれませんが、結論から言うと事故車も売ることが可能です。

もちろん程度によって買取の額に違いはありますが、事故車だから売れないだろうと考えるのは早計です。故障して動かない車や修復不可能な車であっても、車を構成するパーツや材料等にはまだまだ価値が残っているからです。

インターネットオークションなどを利用して個人売買を行う方法もありますが、手軽で確実という点でおすすめなのは買取業者への売却です。

一部費用がかかる場合もありますが、買取額によっては相殺できたりプラスになったりすることもあります。買取業者の多くは無料査定を行っているため、まずは査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

廃車と売却どちらがお得?

事故車を処分する方法として廃車と売却のどちらがお得かですが、基本的には売却に軍配が上がるでしょう。

もちろん車の状態や買取業者によって買取額には差が出ますが、確実に数万円の費用がかかる廃車手続きよりも、プラスになる可能性がある売却をまずは検討することをおすすめします。手続きや買取査定に関して不明な点がある場合は、迷わず専門家に相談しましょう。

買取のご相談はラチェットモンキーまで

香川県でサービスを展開するラチェットモンキーでは車両買取サービスも行っており、どんな状態の車でも最低1万円以上で買い取ってもらうことができます。
今ならこの買取サービスの強化中で、買取額が5万円以上の場合は1年間のガソリン値引きという嬉しい特典つき。
香川県内であればどこでも無料で出張査定が受けられるので、まずは相談してみましょう。

土日・祝日も車検OK!車検ご予約はこちら
10秒でカンタン見積り!車検見積はこちら
【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2019.04.08│廃車

愛車を13年以上も乗り続けていると、そろそろ買い替えの時期だと思うでしょう。実際に車の買い替えは13年目が節目だと言われています。それではなぜ買い替えは13年目がいいのでしょうか。あるいは、13年越えの車はもう売れないのでしょうか。

今回は13年越えの車をもっとお得に買い替える方法を、比較してみましょう。

190318-2.jpg

車を13年目に買い替えた方がいい理由

車の買い替えは13年目がいいと言われる理由の一つに、税金があります。 車は年数が経てば経つほど、税金が上がるのです。車に掛かる税金には自動車税と自動車重量税がありますが、それぞれどの程度税金が上がるのでしょうか。

13年経過すると値上がりする自動車税

ガソリン車なら新車から13年目、ディーゼル車だと新車から11年目に自動車税が上がります。たとえば排気量1,500cc超で2,000cc以下のガソリン車の場合、自動車税は通常ならば39,500円ですが、13年を経過すると45,400円となります。よって、13年経過後は5,900円も自動車税が上がります。

13年目および18年目に値上がりする自動車重量税

それでは車検時に支払う自動車重量税はどうでしょうか。自動車重量税は車を購入して13年経過すると跳ね上がります。車両重量1,000kg超で1,500kg以下の普通自動車の場合、通常は24,600円のところ、13年が経過すれば34,200円となるのです。つまり13年が経過すると9,600円も値上がりしてしまいます。

自動車重量税に関して言えば、もう一度上がるタイミングがあります。それは18年経過した時です。車両重量1,000kg超で1,500kg以下の普通自動車の場合、18年経過すると37,800円になります。通常の場合との差額では13,200円、13年経過の場合と比べれば3,600円も値上がりします。

13年目は車検の年

13年目と言えば車検の年でもあります。車が13年も経てば故障個所が増えますし、車検代も今までより高くつくでしょう。よって高い車検代を払う前に車を買い替えようとする人が多いです。つまり、自動車税および自動車重量税が高くなる前に車を手放す人が多いということになります。

13年越えの車の買い替え方法とは

前項で13年目が買い替えのタイミングと述べましたが、車を買い替えるには古い車をディーラーに下取りしてもらう方法と業者に買い取ってもらう方法があります。

ディーラーに下取りしてもらう

車を買い替える場合、よく行われるのが、元の車をディーラーに下取りしてもらう方法です。新しい車を買う際に、下取りの分を値引きしてもらえますし、面倒な手続きも必要ありません。しかし13年越えの車となると、実際には下取りしてもらっても1円にもならない場合があります。よって、下取りは得にはならない場合が多いです。

業者に買い取ってもらう

下取り以外の方法としては、業者に買い取ってもらう場合があります。下取りなら0円のような車でも、業者によっては高い値段がつく場合があります。たとえば現在日本で走っていないような古い車でも、海外では高く売れることがあるのです。あるいは、部品を売って儲けようとする業者もあるでしょう。

ただし業者もピンからキリまであります。損をしないために、信頼できる業者にきちんと査定してもらいましょう。最も得になる業者に買い取ってもらえば、買い替え費用の足しになります。

ぜひラチェットモンキーの車買取をご利用ください

車を買い取ってもらう際に得をするために、香川県の方ならラチェットモンキーで査定を依頼してみませんか?ラチェットモンキーは、香川県内ならどこでも出張査定に伺います。もちろん出張および査定は無料です。 不動車を含め、どんな車でもラチェットモンキーなら、買取価格は最低1万円以上です。車を売りたい方は、ぜひラチェットモンキーにご連絡ください。

ラチェットモンキーの車両買取りはこちら

 

関連する記事

香川県で事故車の高価買取・下取査定を希望するならラチェットモンキーまで

中古車売却と廃車、どちらがお得ですか?

【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2019.03.18│廃車

新車購入から3年後、初回以降は2年に1度、車検を受けなければなりません。車検を受けるためにはいくつかの書類が必要になります。その必要書類の中に、自動車税納税証明書が含まれていると知っている方もいるでしょう。

それでは車検で必要な自動車税納税証明書とはどういうものなのでしょうか。また、紛失した場合の再発行についても見てみましょう。

190318-1.jpg

車検時には基本的に不要となった自動車税納税証明書

自動車税納税証明書とは、自動車税納税通知書と自動車税納税証明書(継続検査用)が一体になった物です。このうち車検時に必要となるのは自動車税納税証明書(継続検査用)です。以下では、自動車税納税証明書と表記します。

自動車税納税証明書は毎年5月頃に送られてきます。そして証明書に記載されている納付期限までに納税しなければなりません。現在では金融機関やコンビニエンスストアだけではなく、クレジットカードを使用してインターネットからでも納付が可能になりました。

以前の車検では自動車税納税証明書の提出が必要でした。しかし2015年4月より、条件によっては省略できるようになったのです。理由は納税の確認をオンラインで出来るようになったからです。つまり、自動車税納税証明書のペーパーレス化により、その提出を必ずしも行わなくてもよくなりました。 以下の条件をすべて満たせば、車検時の自動車税納税証明書の提出は不要です。

  • ★車検が継続検査だった場合(新規車検ではない場合)
  • ★自動車税の滞納がない場合
  • ★自動車税を納付してから3ヵ月以上経っている場合

 

ただし引っ越しして住所が変わった場合は、転出先の都道府県が発行する自動車税納税証明書を用意しなければなりません。また車の売買により都道府県ナンバーが変わった場合も同様です。

また軽自動車や自動二輪車でも、自動車税納税証明書の提出は必要ですのでご注意ください。普通自動車でも車検を行う業者によっては、自動車税納税証明書の提出を求められる場合もあります。

自動車税納税証明書を再発行する場合

多くのケースで提出を省略できるようになったとはいえ、自動車税納税証明書が全く必要ないというわけではありません。前項の最後に記したように、自動車税納税証明書が必要になる場合もあります。したがって自動車税納税証明書は大切に保管しておきましょう。何よりもあなたがきちんと自動車税を納税している証拠となります。

それでは自動車税納税証明書を紛失した場合、再発行の手続きはどうすればいいのでしょうか。自動車税納税証明書の再発行は、以下の場所で行うことができます。

  • ★運輸支局の自動車税事務所
  • ★各都道府県の自動車税事務所

 

上記のうち、ご自身の住まいに近い事務所で再発行の手続きを行いましょう。 なお都道府県によっては書類が必要ない場合もありますが、基本的には以下の書類を用意する必要があります。

  • ★車検証
  • ★身分証明書
  • ★印鑑
  • ★納税の領収証書 コピー不可

 

これらを準備しておけば大丈夫です。詳しくは最寄りの自動車税事務所にお問い合わせください。また代理人が再発行の手続きをする場合は、委任状も必要です。なお自動車税納税証明書の再発行に費用は掛かりません。

よく誤解されていますが、自動車税と自動車重量税は全く違います。自動車重量税納付書が自動車税納税証明書の代わりにはならないのでご注意ください。

車検ならラチェットモンキーへ

香川県在住の方で、もうすぐ車検という方は、ぜひお近くのラチェットモンキーにお任せください。香川県内に3店舗を構え、どこからでも利用しやすくなっています。自動車税納税証明書はもちろん、車検の必要書類についても、わからないことがあれば丁寧にアドバイス致します。遠慮なくご質問、ご相談ください。

土日・祝日も車検OK!車検ご予約はこちら

10秒でカンタン見積り!車検見積はこちら


関連する記事

車検なら、香川県高松市のラチェットモンキーへ!

法人名義の車ですが車検を受けることはできますか?

【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2019.03.04│車検

愛車が動かなくなった場合、ずっとそのままにはしておけないので、廃車にすることが考えられます。せめて動くのなら中古車として売ることが出来るのですが、車を買い替えるついでにと、その業者に引き取りをお願いすると廃車手数料として別途費用が掛かると言われたことはないでしょうか。次の車の購入費もあるのに、廃車費用が掛かるとなると大変です。

しかし、心配いりません。廃車を買い取ってくれる業者を探せば、不動車でもお金になるのです。それでは不動車を買取してもらうまでの手順について見ていきましょう。

190220-2.jpg

廃車にするまでの手順

不動車をそのまま放っておくと税金だけが掛かってしまい、無駄なお金が消えていきます。長年使い続けてきた車を手放すのは惜しいかもしれませんが、出来るだけ早く廃車の手続きをしましょう。
廃車にするためにはどんな手順が必要なのでしょうか。

2種類ある廃車

実は、廃車には以下の2種類があります。

  • ★一時抹消登録
  • ★永久抹消登録

 

一時抹消登録というのは、車を一時的に公道で走ることを出来なくする手続きのことです。たとえば海外に長期滞在するときに一時抹消登録すると、無駄な税金を払わずに済みます。永久抹消登録は、廃車のイメージ通り車をスクラップにして、二度と走れなくすることです。
今回は、不動車なので永久抹消登録について説明します。

必要な書類を用意する

廃車の手順として、まず以下のような書類を準備しましょう。

  • ★自動車検査証の原本
  • ★3ヵ月以内の印鑑証明書
  • ★印鑑証明書と同じ実印
  • ★自賠責保険の原本
  • ★免許証のコピー

 

自動車検査証とは、いわゆる車検証のことです。コピーではいけません。 軽自動車の場合は印鑑証明書を用意する必要はなく、実印ではなくても認印で結構です。

廃車業者を探す

永久抹消登録は、本人でも行うことが出来ます。しかし、今回の目的は不動車を買取してもらうことです。 自分で廃車手続きをすると、たしかに手数料を払う必要はないので費用を最小限に抑えることができますが、不動車を買取してもらうチャンスをみすみす逃すことになります。
そして何よりも永久抹消登録の手順は難しく、素人には面倒でしょう。それならば、廃車手続きはプロに任せた方がいいのです。 そのためにインターネット等で廃車業者を探しましょう。この際、廃車専門の業者でなくても構いません。車検や整備などを一緒に請け負っている業者でも良心的な価格で不動車を買取してくれる店はあります。

廃車業者を探すため、絞り込む手順

買取してもらう業者が決まれば、次の手順としてその店で手続きをしましょう。しかしネット検索すると、色々な廃車業者がヒットして、なかなか決められないのではないでしょうか。不動車を高く買い取ってもらうことが一番いいのですが、それだけではありません。
そこで、廃車業者を間違えないため、以下の手順に従って業者を絞り込んでください。

まずは、地域内の業者を探す

当たり前の話ですが、いくら不動車を高く買取してくれる業者でも、住んでいる地域から遠く離れていては困ります。ネット検索する際には、必ず地域名も入れてください。 全国展開している大手業者もいいのですが、むしろ地域密着している業者の方が信頼できるでしょう。その地域に精通しているため、的確なアドバイスをしてもらえるからです。

次に、出張で無料見積もりしてもらえる業者を探す

どのくらいの価格で不動車を買取してもらえるのか、不安な方は多いかもしれません。しかし不動車ですから、店に車を持って行って査定してもらうわけにはいきません。 そこで、出張の無料見積もりをしてもらえる業者を探しましょう。査定に費用が掛からず、不要車にどれぐらいの値が付くのかわかります。

最終的には、レッカー代不要で出張買取してもらえる業者を探す

自走できる車ならば店へ運転して行って買取してもらえばいいのですが、不動車ではそうもいきません。レッカー車を手配する必要があります。しかし、レッカー代は馬鹿になりません。買取金額よりも高くつく可能性があります。 それならば、レッカー代不要で出張買取してもらえる業者を探してみましょう。出張での無料見積もりでも有難い話なのに、そんな上手い話は無いと思うかも知れません。 しかし探してみると、そんな良心的な業者もあるものです。僥倖かも知れませんが、諦めずに探してみてください。

ぜひラチェットモンキーの不動車買取をご利用ください

香川県在住の方なら、ラチェットモンキーでの不動車買取をお勧めします。ラチェットモンキーは香川県内で3店舗を展開し、香川県内なら無料出張見積もり、さらにレッカー代不要で出張買取します。
しかもラチェットモンキーでは、どんな車であっても1万円以上で買取が可能です。善は急げ、時間が経てば経つほど無駄な税金が掛かってしまうので、一刻も早く不動車は買取してもらいましょう。

ラチェットモンキーの車両買取りはこちら

 

関連する記事

お車を廃車にするなら香川県高松市のラチェットモンキーへ!

車検証が無くても廃車にできる?車検証紛失時の準備書類や手続きの流れ

【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2019.02.20│廃車

車検は新車購入から3年後には、初回以降は2年ごとに受けなければなりません。車のオーナーにとって、車検は頭の痛い出費です。

車検費用の中には、法的に定められた法定費用というものが含まれています。そのため、法律の改定によって費用が変わることもあります。今回は、2019年における最新版の車検の法定費用はいくらかかるのか、その仕組みを見ていきましょう。

190220-1.jpg

自賠責保険料と検査手数料について

車検を受ける店によって車検費用が異なるということを聞いたことはないでしょうか。ところが法定費用に関してはどんな店で車検を受けても、基本的には変わらないのです。法定費用は車検時に必ず発生する実費部分であり、店の利益にはなりません。整備費用を含むサービス料は店によって異なるため、車検費用が変わってくるのです。

法定費用の内訳

法定費用は3本立てになっています。以下がその3種類です。

  • ★自賠責保険料
  • ★検査手数料
  • ★自動車重量税

 

このうち本項では最新の自賠責保険料と検査手数料についてご説明します。自動車重量税については、次項をご覧ください。

自賠責保険料

車検の際にチェックされる保安基準は、道路運送車両法によって自動車の各部ごとに細かくその規定が定められています。 車検に通らない主な原因を、よくある例とともに見ていきましょう。

整備不良である

自賠責保険というのは、いわゆる強制保険のことです。任意保険と違って、必ず加入しなければなりません。
以下が、2年分の自賠責保険料です。

  • ★軽自動車は25,070円
  • ★普通自動車は25,830円

 

2019年の自賠責保険料は、前年と変わりません。

検査手数料

検査手数料は、俗に印紙代と呼ばれています。
指定工場で車検を受けた場合の検査手数料は以下の通りです。

  • ★軽自動車は1,100円
  • ★普通自動車のOSS申請は1,000円
  • ★普通自動車の紙申請は1,200円

 

OSS申請というのは、インターネットで申請することです。軽自動車でも2019年1月に導入予定でしたが、延期になりました。
認証工場に車検を依頼した場合や、ユーザー車検での検査手数料は以下をご覧ください。

  • ★軽自動車は1,400円
  • ★普通自動車の5ナンバーは1,700円
  • ★普通自動車の3ナンバーは1,800円

 

認証工場は指定工場と違って、工場内で車検を行うことはできません。ユーザー車検とは、車を運輸支局などに持ち込んで、自分で車検を行うことです。

重量や年式によって変わる、自動車重量税

自動車重量税は単に重量税とも呼ばれており、その名の通り自動車の重量により税金が変わります。2019年10月以降の新車に減税される自動車税や、その時に廃止される自動車取得税とは全く別物なのでご注意ください。
また、車の年数によっても重量税は変わってきます。それでは、2年間にかかる最新の自動車重量税を見ていきましょう。

新車から13年未満の場合

新車から13年未満の車での重量税は以下をご覧ください。

  • ★軽自動車は6,600円
  • ★0.5tまでの普通自動車は8,200円
  • ★0.5tから1tまでの普通自動車は16,400円
  • ★1tから1.5tまでの普通自動車は24,600円
  • ★1.5tから2tまでの普通自動車は32,800円
  • ★2tから2.5tまでの普通自動車は41,000円
  • ★2.5tから3tまでの普通自動車は49,200円

 

普通自動車では0.5t増えるたびに、8,200円ずつ上がっているのがわかるでしょう。

13年以上18年未満の場合

13年以上18年未満の車での重量税は、以下のようになっています。

  • ★軽自動車は8,200円
  • ★0.5tまでの普通自動車は11,400円
  • ★0.5tから1tまでの普通自動車は22,800円
  • ★1tから1.5tまでの普通自動車は34,200円
  • ★1.5tから2tまでの普通自動車は45,600円
  • ★2tから2.5tまでの普通自動車は57,000円
  • ★2.5tから3tまでの普通自動車は68,400円

 

やや古くなった車では、重量税も当然上がってきます。

18年以上の場合

車も18年以上にもなると、かなり古いと言えるでしょう。

  • ★軽自動車は8,800円
  • ★0.5tまでの普通自動車は12,600円
  • ★0.5tから1tまでの普通自動車は25,200円
  • ★1tから1.5tまでの普通自動車は37,800円
  • ★1.5tから2tまでの普通自動車は50,400円
  • ★2tから2.5tまでの普通自動車は63,000円
  • ★2.5tから3tまでの普通自動車は75,600円

ここまでくると重量税も馬鹿にはならないので、買い替えを検討してもいいかも知れません。

エコカーの場合

エコカーの場合は重量税にも減税が適用されます。
エコカーでの本則税率を見てみましょう。

  • ★軽自動車は5,000円
  • ★0.5tまでの普通自動車は5,000円
  • ★0.5tから1tまでの普通自動車は10,000円
  • ★1tから1.5tまでの普通自動車は15,000円
  • ★1.5tから2tまでの普通自動車は20,000円
  • ★2tから2.5tまでの普通自動車は25,000円
  • ★2.5tから3tまでの普通自動車は30,000円

 

なお、燃費基準値をクリアすれば本則税率から減免される場合もあります。ただし、2019年5月以降は、対象車が同年4月30日までに比べて縮小されるのでご注意ください。

車検ならラチェットモンキーへ

法定費用そのものはどんな店でも変わらないとはいえ、全体的な車検費用およびサービスでは店によって全く違います。香川県在住の方は、是非とも車検はラチェットモンキーにお任せください。 ラチェットモンキーの車検費用は安いだけではなく、法定費用はもちろんその他費用も完全ガラス張りでお見積もり致します。整備も完璧なラチェットモンキーならば、車検も安心です。

土日・祝日も車検OK!車検ご予約はこちら

10秒でカンタン見積り!車検見積はこちら


関連する記事

車検で必要な自動車税納税証明書を無くした!再発行はできるの?

排ガス規制って車検に影響がありますか?

【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2019.02.06│車検