プロが教えるマイカー整備の基礎知識

HOME > プロが教える!マイカー整備の基礎知識

所持している車を廃車にした場合、廃車証明書を発行することができます。この廃車証明は一体どのような役割を果たしているのでしょうか? 手続きが終わった後の用途も含めその役割を見ていきましょう。

廃車証明書とは何なのか?

廃車証明書とは基本的に、廃車手続きを証明するための書類です。この名前は正式名称ではなく、複数の書類を総称した呼び方です。

廃車証明書の種類
●登録識別情報等通知書
●登録事項等証明書
●自動車検査証返納証明書
●検査記録事項等証明書

まず登録識別情報等通知書について、これは普通自動車の一時抹消登録を行った際に発行されます。発行場所は陸運局で、発行手数料350円を支払えば、即日での発行が可能です。しばらく車に乗らない時に自動車税等の課税を止めたり、自動車の解体完了を待つ間、一時的な廃車の証明として使う際などに役立ちます。

次に登録事項等証明書は、普通自動車の永久抹消の際に発行する証明書です。同じく陸運局で発行手続きが可能ですが、一時抹消と異なり完全に車の解体が完了するまで発行することはできません。発行手数料は証明内容に応じて変わります。

3つ目の自動車検査証返納証明書は、軽自動車の抹消登録時に発行される書類です。登録識別情報等通知書の軽自動車版になります。軽自動車検査協会で手続きを行い、350円で発行できます。最後に検査記録事項等証明書は、軽自動車の永久抹消登録の際に発行される、登録事項等証明書の軽自動車版です。

こちらも軽自動車検査協会にて、300円で発行可能です。

廃車証明書は後々必要になるの?

廃車証明書はただ単に廃車の事実を証明するだけではありません。 用途に応じて各種手続きに必要となる場合があるのです。また、種類によって再発行の有無も異なるので、ポイントを押さえておきましょう。

一時的な廃車を解除したい場合

証明書が必要となるケースの一つが、何らかの理由で一時抹消していた車を再び利用する場合です。再申請の手続きには、登録識別情報通知書が必要となります。登録識別情報通知書は一度紛失すると、原則再発行ができないため、慎重に保管しておきましょう。

万が一紛失してしまった時は、警察で遺失物届を出さなければならず、特殊で煩雑な手続きを行わなければいけません。軽自動車の場合は自動車検査証返納証明書が必要ですが、こちらも再発行は原則不可のため注意しましょう。

自賠責保険を解約する時

全ての車に加入義務がある自賠責保険の解約時にも、廃車証明書が必要となります。永久抹消時の解約だけでなく、一時抹消の場合でも、保険の還付を受けることができます。また、永久抹消時の登録事項等証明書ならびに検査記録事項等証明書は、紛失しても再発行が可能です。

それぞれ陸運局、軽自動車検査協会にて、再発行の手続きが行えます。再発行時には、廃車にした車のナンバープレートと車体番号が必要となるので、注意しましょう。万が一の紛失時に備えて、控えを取っておくと安心です。

その以外に廃車証明書が必要な場合

新しい車用の車庫証明を申請する際にも、登録事項等証明書が必要です。また一時抹消の後に永久抹消を行った場合には、そちらの証明書のコピーも必要となります。車庫証明を行う場合は、一時抹消の際にも控えを取っておきましょう。

その他、新しい車へ任意保険を引き継ぐ際にも、廃車証明書を求められる場合があります。事前に保険会社へ確認を取っておくのが無難です。廃車証明書は車種や廃車の内容によって書類が異なり、再申請や保険の解約時等に所定の書類が求められます。

用途に合わせ、捨てずに保管しておきましょう。特に一時抹消登録の廃車証明書が必要な場合は、原則として再発行ができないため、一層の注意が必要です。

廃車のことならラチェットモンキーへ

特別な事情がない限り、廃車解体は廃車解体業者に依頼したほうがよいでしょう。 少しでもお得に廃車解体をして、次のマイカー資金の足しにしちゃいましょう。

ラチェットモンキーでは、年式の古いお車・事故車・過走行車、どんなお車も最低1万円以上で買取させていただきます。値段がつかないと諦める前にまずはラチェットモンキーへご相談ください。

ラチェットモンキーでは廃車登録に必要な書類の手続き・その後の解体手続きをすべて代行させていただきますので、必要な書類をご用意していただくだけで、その他の手続きは不要です。ぜひ、ラチェットモンキーへご相談ください。

土日・祝日も車検OK!車検ご予約はこちら

10秒でカンタン見積り!車検見積はこちら


関連する記事

車検なら、香川県高松市のラチェットモンキーへ!

【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2019.10.07│廃車

2019年10月、消費税率が8%から10%に上がり話題になっていますが、車検費用にはどのような影響が出るのでしょうか。ここでは費用の内訳に注目しながら増税による費用変化を見ていきましょう。

増税の影響を受ける車検費用は?

車検費用の内訳は、大きく以下のように分けられます。

●車検基本費用
●部品交換費用
●法定費用

このうち増税の影響を受ける費用は、車検基本費用と部品交換費用です。 車検基本費用は定期点検料や事務手数料等に占められており、増税された分だけ金額も上がります。

放置自動車を廃車にする場合

車検基本費用は人件費等も兼ねているため、ディーラーや店によって大きく金額が異なっているのが特徴です。ディーラーの場合の金額相場は軽自動車で35000円前後、小型から中型車で40000円から50000円となります。

軽自動車は増税により700円前後、小型から中型車は800円から1000円の値上がりとなる計算です。一方、車販売店やガソリンスタンドで車検を受けると、軽自動車、普通車共に20000円近く相場が安くなるので、値上がりも400円ほど抑えられます。

部品交換費用は影響の変動幅が大きい

もう一つの部品交換費用は、ブレーキパッドやタイヤ等の部品交換の際にかかる費用です。必ずかかる費用ではありませんが、車のコンディションによって大きく金額が変動するのがポイントです。

そのため交換部品が多くなるほど、増税による値上がりの幅も大きくなります。たくさんの部品交換が必要な場合は、値上がり分を計算に入れて、販売店や部品のランクを選びましょう。

増税に影響されない車検費用は?

車検費用のうち、法定費用は増税の影響を受けません。法定費用は車検基本費用と異なり、車種ごとに法律で決められた金額が設けられているからです。

どの店で車検を受けても法定費用は変わらず、車種にもよりますが、車検費用のおよそ半分を占めています。

法定費用は、以下の3つに分けられています。 ●自動車重量税
●自賠責保険料
●検査手数料


それぞれの費用ごとに、ポイントを押さえていきましょう。

車によって金額が異なる自動車重量税

自動車重量税は、車の重量や使用年数等に応じて課税される税金です。消費税とは異なる税金なので、増税には影響されません。また、2019年4月1日から2021年4月30日までの間、自動車重量税にはエコカー減税が適用されます。

減税条件を満たす車であれば、普通車でおよそ10000円近くの節税となり、増税の負担が大幅に軽減されます。

加入が義務付けられた自賠責保険料

自賠責保険料は、自動車損害賠償責任保険と呼ばれる保険費用です。強制保険とも呼ばれ、車を保有している方全てに加入が義務付けられています。

基本的には車検期間分加入する形となっており、車種と契約期間に応じた一定の金額を支払います。自動車重量税と合わせて、法定費用の大部分を占める費用です。

自動車検査証の交付にかかる検査手数料

1000円から1800円と少額ではありますが、車検には必ず検査手数料がかかります。印紙代とも呼ばれる自動車検査証の交付費用です。車種や申請区分、ナンバープレートの桁数によって金額が異なり、納付先毎に所定の金額を支払わなければいけません。

車検はぜひラチェットモンキーへ

香川県在住の方で、もうすぐ車検という方は、ぜひお近くのラチェットモンキーにお任せください。香川県内に3店舗を構え、どこからでも利用しやすくなっています。

車検の必要書類やその他の知識についても、わからないことがあれば丁寧にアドバイス致します。また、車検費用を抑えたいとお考えであれば、お客さまのご予算やスケジュールに合わせて最適なご提案をさせていただきます。

各種割引などもご用意しておりますので、インターネット予約や店舗スタッフにお問い合わせください。

ラチェットモンキーの車両買取りはこちら

 

【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2019.10.03│車検

使わなくなった車を処分する際に必要となるのが、廃車手続きです。基本的に名義人が自ら行う手続きですが、名義人以外が行うケースもあります。ここでは別名義の車に対する廃車手続きの流れや、必要となる書類などについて解説します。

通常の廃車手続きに必要な書類

公道を走れる状態の車は普通自動車であれば運輸支局、軽自動車であれば軽自動車検査協会にその車籍が登録されています。廃車手続きはこの車籍を抹消する手続きで、車を完全に処分するときには永久抹消を、使用の一時中断をするときには一時抹消を行います。通常の廃車手続きを行う際に必要となる書類は、次のとおりです。

●所有者の印鑑証明書
●自動車検査証
●前後のナンバープレート
●移動報告番号と解体報告記録日のメモ
●手数料納付書
●自動車税・自動車取得税申告書
●永久抹消登録申請書もしくは一時抹消登録申請書

手続きの流れはまず車体のナンバープレートを取り外してから完全抹消の場合は車の解体を業者に依頼、そして必要書類を揃えて運輸支局もしくは軽自動車検査協会に提出という形になります。

名義人以外が廃車にすることは可能?

廃車手続きを名義人以外の人が行いたいケースもあります。名義人が何らかの事情で手続きに行くことが難しい場合や本人が亡くなった場合、また放置自動車のように名義が不明な車を処分したい場合などです。

名義が自分にない車を廃車にする場合は後々トラブルになる恐れもあるため、慎重に行う必要があることをまず頭に入れておきましょう。別名義の車を廃車にする場合の流れは状況によっても変わってくるため、それぞれに分けて解説します。

他人の車を廃車にする場合

別名義である他人の車については、先に説明した書類に加えて所有者に委任状を書いてもらうことで手続きが行えます。所有者本人が行方不明などで連絡が取れない場合は車検切れから3年が経過した時点で運輸支局が強制的に永久抹消扱いにする職権抹消の確認が家族のもとにくるので、それに従いましょう。

実際には事務手続きの兼ね合いもあり、3年経過してすぐではなく5年近くでの抹消となるケースが一般的です。なお職権抹消された場合も未課税期間の自動車税を納付すれば再使用は可能です。

故人の車を家族が廃車にする場合

車の所有者が亡くなった場合はまず家族が車を遺産として相続した後に名義変更を行うことで、通常どおり廃車手続きができるようになります。相続人が1人の単独相続と複数人の共同相続では必要書類の種類が異なります。

いずれの場合も相続した後は15日以内に名義変更を行う必要があるので注意してください。ただし軽自動車の場合は普通自動車と違って資産ではないため遺産相続は必要なく、名義変更を行えば廃車手続きが可能になります。

放置自動車を廃車にする場合

誰のものかわからない放置自動車を処分したい場合は、まず警察に連絡して所有者への引き取り連絡を行ってもらいます。状況にもよりますが事件性がなければ民事不介入を理由に動いてもらえない場合もあるので、そのときは車のナンバーと車台番号から運輸支局で所有者を確認して内容証明郵便を送付しましょう。

同時に放置自動車に対しては放置日や撤去期限などを記した警告文をフロントガラスなど複数箇所に貼り付けます。ここまでしても撤去に応じてもらえない場合は簡易訴訟を行うことになり、勝訴すれば所有権が自分に移り撤去できるようになります。

名義人以外の方が廃車をするならラチェットモンキーへ

車の登録を削除する廃車手続きは、場合によって名義人以外が行うことも可能です。所有者本人に連絡が取れる場合は委任状があれば手続きを行うことができますが、連絡が取れない場合は職権抹消を待って廃車手続きを行うことになります。

故人の車を廃車にする際は遺産相続の後名義変更を行うことで、同様に廃車手続きが行えるようになります。別名義の廃車手続きについて何か不明な点がある場合は、ラチェットモンキーにご相談ください。実際に必要になる書類のご案内も可能ですし、廃車手続きの代行も行っています。

ラチェットモンキーの車両買取りはこちら

 

【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2019.09.24│廃車

車が好きな人の中には、自分の車を改造している人もいるかもしれません。車にお気に入りの装備を追加したりドレスアップを施したりするのは楽しいものですが、気を付けておきたいのは改造車だと車検に通らない場合がある点です。改造車の定義や、安全性にも大きく関わる車検の基準について知っておきましょう。

改造車とは

改造車といえば、極度の車好きやカーマニアのような人たちが特別な手を加えた車というイメージがあるかもしれません。ホイールやマフラーの交換を行ったカスタムカーや、エンジンそのものに加工を施したチューニングカーなどは改造車の代表的な例です。

しかし実際には改造車の定義はもっと広く、販売されているスタンダードな状態から何か手を加えた車はすべてが該当します。シートを交換する、ルームミラーを大きいものに付け替えるなどのちょっとした手を加えた車も改造車ということができるのです。

改造車は車検に通らない?

改造には大きく分けて機能面と外見面の2種類がありますが、いずれもその内容や程度によっては保安基準から外れ、車検に通らない場合があります。車検に通らないということはすなわち、公道を走行できない違法な改造車であるということです。

何よりそのような改造車で走行することは公道私道に関わらず極めて危険な行為です。カーライフを安全に楽しむためには、車検に通るための基準を知っておく必要があります。

改造車とは

車検では道路運送車両法に基づいて次のような検査項目が細かく定められています。

  • ●ヘッドライトやフォグランプ、ウィンカーなどが正しく点灯するか、光量は基準範囲内か
  • ●バンパーやマフラーのサイズが規定範囲を超えていないか
  • ●タイヤとホイールがフェンダーからはみ出したりボディに接触したりしていないか
  • ●タイヤの溝は深さが1.6㎜以上あるか
  • ●エンジンルーム内のホース類に液漏れがないか
  • ●ボディやフレームに歪みがないか
  • ●警笛は鳴動するか
  • ●発煙筒や信号灯などの非常信号用具を装備しているか


これらはほんの一部に過ぎず、実際にはもっと多くのチェックが車の細部に至るまで行われます。これらの基準は市販されている状態の車であれば問題なく満たされているものですが、何らかの手を加えた場合には基準を超えてくることがあります。

ハンドルカバーを付けたりシートにクッションを敷いたりする程度では車検に通らないことはまずありませんが、ハンドル自体をメーターの視認性に影響するようなものに取り換えたり、近接排気騒音が96dbを超えるマフラーを取り付けたりするのはNGです。

整備不良にも注意!

車検の保安基準を満たさないのは、違法な改造車だけではありません。整備不良も車検に通らない大きな一因となります。特にエンジンルームのホース類やウォーターポンプ、ワイパーブレードのゴムといった消耗品は劣化しやすいため、注意が必要です。タイヤについても溝のスリップサインが出ていないか、傷がないかなどを日常的にチェックする習慣をつけておきましょう。

平成29年2月に改正された車検の基準では、前方と側方のエアバッグとブレーキ、さらにABSと原動機の計5つの警告灯が点灯または点滅している場合には車検を受けることができなくなりました。同様に平成30年5月からはタカタ製エアバッグを搭載したリコール対象かつ未改修の車も検査対象外となっています。

車の状態を自分で万全にチェックする自信がない場合は、ディーラーや整備工場を通じてプロの整備士に定期点検を依頼するといいでしょう。

車の改造や車検のご相談はラチェットモンキーへ

市販されている車に何かしら手を加えた車を改造車といい、保安基準を満たさない違法な改造を施した車は車検に通りません。特に純正品以外のパーツを後から取り付けるような場合は注意が必要です。整備不良も同様に車検に通らない原因となるため、日常的にチェックする習慣をつけておきましょう。

車の改造やカスタマイズをする際には、保安基準の範囲内で行う必要があります。適合状態がわからない場合は定期点検などの際に整備士に確認を取りましょう。

ラチェットモンキーは、車の販売や点検・整備、車検まで行っている車のエキスパートです。車の改造が初めてという方は特に、車検に通る基準を確認するためにも一度ご相談ください。

土日・祝日も車検OK!車検ご予約はこちら

10秒でカンタン見積り!車検見積はこちら


関連する記事

車検なら、香川県高松市のラチェットモンキーへ!

【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2019.09.12│車検

自然災害の増加によって愛車が水没してしまい、水没車または冠水車になってしまうことがあります。水に沈んだ車を見ると精神的に大きなダメージを受けますが、同時にその先、車をどうすれば良いのか分からないという方もいるでしょう。

水没車の修理費用がどれくらいになるのか、業者に買い取りをしてもらう場合の金額はいくらくらいになるのかを比較して、水没車をどのように扱うべきかを考えていきましょう。

水没車を修理する時の費用はどれくらい?

水没してしまった車を見ると、もう修理できないと思ってしまうかもしれませんが、水没車でも修理はできます。同じ水没車でも水没の程度によって修理費用が異なるため、まずは水没の程度を次のように分けて考えてみましょう。

●軽度の浸水
●シートの下まで浸水
●シートの上まで浸水
●エンジンやトランスミッションまで影響が出ている

自然災害によって車が水没した場合、単に水が車内に入ってきたというよりは、泥水が浸水してくる場合の方が多くなります。シートが泥水に濡れてしまうと、修理費用がかなり上がるため、シートまで浸水しているかが費用の大きな分かれ目になります。

大まかな目安になりますが、タイヤが水没するなどの軽度の浸水の場合は、おおよそ5万円ほどの修理額になります。またシート下まで浸水してしまった場合は、25万円ほどの修理費用がかかることが一般的です。

そしてシートの上まで浸水した場合であれば、約50万円の修理費用が必要になることが多く見られます。浸水してきた水の汚れ具合によっても金額は大きく変わりますが、大まかに分けると上記のような修理費用が必要です。もっとも高額なのはエンジンやトランスミッションまで水没した場合であり、100万円以上の修理費用となるケースもあります。

仮にエンジンやトランスミッション自体が使えないために交換が必要になれば、金額は100万円では足りません。車種によっても費用は大きく変わりますが、平均的な車種であれば、水没車の修理費用はおおよそ上記のように考えておくと良いです。年式が7年以上前の古い車になると、高額な修理費用を出して使い続けるよりも買い替えの機会と考えて、買い取りを選択する方が良いこともあります。

水没車を買い取りしてもらうといくらになる?

水没車を買い取りしてもらうことはできないと思っておられる方も多いかもしれません。確かに中古車市場では水没車もしくは冠水車は敬遠されるのは事実です。しかし業者に買い取りしてもらえる可能性が0%というわけではないので、最初から諦める必要はありません。

水没した車の中には、思いのほか高めの査定額が付く車種もあります。2015年式の水害車プリウスに25万円の値がついたことがありました。人気の高いSUV車になると、トヨタの2016年式C-HRに70万円、2014年式日産エクストレイルに27万円の値がついたこともあります。

ワンボックスの2015年式オデッセイには50万円、2014年日産エルグランドには76万円の査定額がつきました。軽自動車では、2016年式スズキのジムニーが7万円、2015年式ホンダN-BOXに5万円の査定額がついたこともあります。

もちろん年式や水没の状態にもよりますが、水没イコール0円というわけではないことが分かります。しかし水害車の買い取りを依頼する時は、どこの業者でも良いというわけではありません。基本的には水害車の買い取りに特化している業者や海外への販売販路を持っている業者の方が、査定額が高くなる可能性があります。

自然災害によって水没してしまった車でも修理すれば、引き続き乗れる可能性もあります。しかし修理費用は、数十万円から数百万単位となり、思った以上の出費になる可能性が高いです。修理をした後になって、水没が原因で故障が発生するリスクも否定できません。

特別に愛着のある車でないなら、修理をする前に査定に出し、査定額を調査するのも良い方法です。その査定額に基づいて修理をするか、買い取りを依頼するのか決めるのが賢明です。

水没車の買い取りならラチェットモンキーへ

水没車を買い取って修理し、中古車として再度販売する以外にも、廃車として解体し、部品や金属に分けて再利用する方法もあります。一般的に中古買取と廃車買取は専門とする業者が異なりますが、ラチェットモンキーではどちらも取り扱っていますので、中古買取か廃車買取か、適した買い取り方法でご提案できます。

香川県内であればどこでも無料出張査定をお受けしていますので、お気軽にご相談ください。

ラチェットモンキーの車両買取りはこちら

 

【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2019.08.21│廃車

公道で車を走らせるためには、国が定めている基準に適応していなければなりません。重要な検査項目が幾つもありますが、排ガスの検査基準をクリアできず車検に通らなかったという方も少なくありません。

ヘッドライトなどと比べると排ガスの不備は発見しにくいですが、排ガス検査で引っかからないようにするため注意すべき点を確認しましょう。

車検時の排ガス検査基準と検査方法

まずは車検時の排ガスの検査基準について確認しておきましょう。排ガス検査とは、排気ガスの中に含まれている一酸化炭素COと炭化水素HCの濃度を測定する検査の事です。道路運送車両の保安基準第31条に規定されている検査基準を超えている車両は、車検に通らないため公道を走ることはできません。ガソリン車の場合、CO基準値は1.0%、HC基準値は300ppmです。

検査方法は排気ガスを検査するためのプローブという検査棒をマフラーに入れて、COとHCの濃度をチェックします。特殊な機械を使ってチェックするため、排ガス規制の基準を超えていないか個人が調べることはできません。

不安がある場合は、テスター屋さんに車両を持ち込んで調べてもらう必要があります。では、なぜ車検の排ガス検査に引っかかってしまうことがあるのでしょうか?また排ガス検査で引っかからないための注意点はなんでしょうか?

車検を受ける時の注意点

排ガス検査で引っかかり、車検に通らない原因の多くはエンジンの状態が悪いことです。年式の古い車はどうしてもエンジンが劣化してくるため、排ガス検査に引っかかる確率が上昇します。排ガスの検査基準を超えてしまう車を見分ける方法は、いくつかあります。

  • ・エンジンからの異音
  • ・マフラーから白煙
  • ・排ガスが臭い


こうした状態が見られたからといって、必ず排ガスの検査基準をオーバーしていると判断できるわけではありませんが、判断材料にはなるので注意しましょう。車検を受ける前にこうした注意点をチェックしておきましょう。仮に上記のような状態が見られ、車の年式が古くなっているなら、エンジンの状態が改善するよう、次の項目を試してみることもできます。

  • ・スパークプラグの交換
  • ・ガソリンの添加剤
  • ・アイドリングを検査前に行う


上記の3つのポイントも、排ガスが原因で車検に通らなくなるのを避けるための注意点です。スパークプラグ(点火)が古くなり劣化してくると、エンジンが不完全燃焼を起こすことがあり、結果として排ガスの検査基準を超える事につながります。個人でスパークプラグを交換できる方であれば、車検前に新しいものにしておくのは良い方法です。

またエンジンの状態が安定していない時は、どうしても排ガスの数値が悪化してしまう傾向もあります。ですから検査を受ける直前にエンジンをかけるのではなく、アイドリングの時間を少なくとも10分以上は取るようにしてください。

加えてエンジンの状態を安定させるためにガソリンの添加剤を入れるのも、試す価値のある良い方法です。これによってエンジンの状態が現状よりも安定し、排ガスの検査基準を下回る数値が出ることもあります。

こうした注意点は、車検を受ける前にできる簡易的な対処方法です。もし対処しても、まだマフラーから白煙が出たり、エンジンから異音がしたりするのであれば、車検前でなくとも安全のために車を整備されることをおすすめします。

車検には排ガスの検査基準が定められており、基準値を上回る数字が検出された場合車検に通りません。そうなると車検場に持っていった車をもう一度持ち帰り、部品の交換やメンテナンスをしなければならなくなります。

時間も費用も余計にかかってしまうため、車検前に排ガス検査のための注意点をしっかりと確認しておいてください。ただし専門的な知識が必要な分野については、プロに整備をお願いしましょう。

排ガス検査や車検はラチェットモンキーへ

今の排ガス検査値が気になる方は、香川県高松市に三店舗展開しているラチェットモンキーにご相談ください。車の専門家であるスタッフが点検し、必要であれば部品の交換などの対処をご提案いたします。

もちろん、検査後無断で部品の交換などを行い、後から追加のご請求をすることはありません。必ず状態のご説明をして、車検に通るか否か、どの程度基準値に迫っているかなどご理解いただいた上で、交換するかどうかはお客さまにご判断いただいております。

車検も行っていますので、排ガス検査で問題がなければ、そのままラチェットモンキーに車検もご依頼ください。インターネットで車検の予約をしていただければ、車検費用の1,000円割引などの特典もあります!

土日・祝日も車検OK!車検ご予約はこちら

10秒でカンタン見積り!車検見積はこちら


関連する記事

車検なら、香川県高松市のラチェットモンキーへ!

【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2019.08.09│車検

事故を起こした車を修理する際、もっとも気になるのはその費用でしょう。修理に出したいけれど費用が気になって二の足を踏んでいる人は意外に多いもの。事故車の修理費用の目安について、様々な事例を踏まえて解説します。

事故車の修理費用、どれくらいかかる?

事故を起こした車の修理にかかる費用はケースバイケースですが、その概算を出す際に関係してくるのは修理箇所と損傷の程度、そして修理工程です。 実際の額は車種によっても大きく変わってきますが、今回は次のケースについて修理費用の目安をご紹介しましょう。

●フレームの歪み
●エンジンの損傷
●バンパーの傷、ヘコミ
●ドアの傷、ヘコミ
●エアコンの故障

フレームの歪み

衝突事故などで車の骨組みであるフレームが歪んでしまうほどの損傷を受けた場合は、修理費用も高額になります。一部の損傷でも10万円、全損に近い場合は100万円を超えるケースも出てきます。修理費用が車の時価額を超える、いわゆる経済的全損の場合は廃車や買い替えも含めて検討する必要があるでしょう。

エンジンの損傷

車の心臓部であるエンジンの損傷も修理費用が高額になる事例です。多くの場合でエンジンそのものを載せ換えることになるため、エンジン本体代プラス工賃で50万円以上が目安となります。

バンパーの傷、ヘコミ

車の前後に取り付けられ緩衝材の役割を果たしているバンパーは、もっとも損傷を受けやすい部分でもあります。軽いヘコミやかすり傷のような軽度の損傷であれば1万円から5万円前後で修理できることもありますが、バンパー自体を交換するような損傷になると総額10万円から20万円以上がかかるケースもあります。

ドアの傷、ヘコミ

日常使用で多くみられるケースが、ドアの損傷です。損傷箇所の程度が軽く板金や塗装のみで修理できる場合は数千円から2万円前後が目安となりますが、ドア自体を交換する場合は10万円を超えるケースが多くなります。外車などでパーツ自体を取り寄せる場合には輸送費などを含めて数十万円がかかるケースもめずらしくありません。

エアコンの故障

エアコンが効かなくなった場合の修理費用も程度によって異なりますが、冷媒であるエアコンガスが切れているだけの場合はその補充費用で1万円前後、コンプレッサーやパイプなど内部のパーツ修理を行う場合は数万円。エアコン自体の交換になると20万円前後が目安となってきます。

車両保険の適用は状況に応じた判断を

以上は実費での修理費用の目安ですが、車両保険に加入している場合はその適用を受けて修理費用の補償ができる場合があります。

ただし保険を適用すると等級が下がって翌年以降の保険料が上がることになるため、長い目で見ると必ずしも得策になるとは限りません。修理費用の見積もりが出たら保険料の支払いなどについて総合的に考慮したうえで判断しましょう。

異常を感じた場合は必ず専門家に相談しよう

車を構成する各部品は走行するにつれ少しずつ摩耗し、損傷していきます。一見異常がなさそうに見える場合でも内部で深刻な損傷が発生している場合もあります。わずかな傷やヘコミで走行には支障がないからと、そのまま放置して車を使い続けることはおすすめできません。

たとえ事故を起こしていなくても、乗っていてガタつく、音が鳴るなどの異常を感じた場合は必ず専門家に相談しましょう。

修理は見積もりをよく確認してから

事故車の修理費用は、損傷箇所やその程度などによって様々です。場合によっては廃車や買い替えなどを検討する必要もあるでしょう。大切なのは修理前に見積もりを確認し、内容や費用について納得したうえで依頼をすることです。車両保険の適用を行うかなども含めて、よく検討したうえで信頼できる業者に依頼をしましょう。

香川県で事故車の買取りを依頼するならラチェットモンキーへ

事故車の修理が難しく、処分しなければならなくなった時には、ラチェットモンキーへご相談ください。ラチェットモンキーでは、どのような状態のお車でも1万円以上で買い取っています。

事故で大きく破損し、自走もできなくなったお車でも問題ありません。事故車の処分にお困りなら、是非一度お問い合わせください。

ラチェットモンキーの車両買取りはこちら

 

【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2019.07.15│廃車

車検を受けて保安基準に適合していることが認められなければ、車は公道を走行できません。法人名義で登録されている社用車なども、定められた期間ごとに車検を受ける必要があります。ここでは法人名義の車で車検を受ける場合について、個人名義の自家用車で車検を受ける場合との違いや注意点などを解説します。

あらゆる車に義務付けられている車検

車検を受けることは所有者の義務であり、これは車の名義が個人と法人のどちらであっても変わりません。自家用車を会社名義で登録しているような場合でも同様です。

車検には新車購入時に行われる新規車検と車検証の有効期限を延長するための継続車検、長さや積載量などを変更するための構造等変更車検がありますが、一般的に車検というと継続車検を指すケースがほとんどです。継続車検に必要な書類は、次の7点です。

  • ・自動車検査証
  • ・自動車損害賠償責任保険証明書
  • ・自動車税納税証明書
  • ・自動車重量税納付書
  • ・自動車検査票
  • ・点検整備記録簿
  • ・継続検査申請書


これらの書類以外で必要になるのは印紙代や検査にかかる手数料などの費用、そして印鑑です。 ここまでは名義が個人と法人の場合で違いはありませんが、印鑑の扱いについては車の名義によって少し変わってきます。

名義による手続きの違い

継続車検で提出する継続検査申請書について以前は使用者の押印が必須でしたが、国土交通省の通達により平成10年4月以降は押印が必須ではなくなっています。

まず名義が個人の場合ですが、申請書の氏名欄に使用者が署名を行う場合は押印を省略できます。ただし新規登録や移転登録に伴う申請の場合は従来どおり実印が必要になるので注意しましょう。署名は申請を行う使用者本人が直筆で、フルネームを記載する必要があります。

名義が法人の場合は、会社の代表者本人が役職と氏名を直筆で記載する場合に押印を省くことができます。ゴム印やワープロ印字など、署名を直筆以外の形で行う場合には従来どおり代表社印の押印が必要になります。この代表社印は認印で問題ありません。

いずれの場合でも直筆の署名が不明瞭で判読不能とされた場合には修正を求められることがあります。車検を担当する業者によっても印鑑の要否に関する説明は異なる場合があるため、準備しておくと安心でしょう。

本体にインクが内蔵されているインク浸透印、いわゆるシャチハタは車検に使用する認め印としては使えない場合があります。シャチハタはその素材がゴムであること、また朱肉の代わりにインクを使用していることなどから印影や色が変化する可能性があるため、基本的に公的書類での使用には向きません。

車検証の有効期限に注意!

法人名義の車を車検に出す際は、期限に注意しましょう。車検証の有効期限は車の種別や用途によって異なります。一般的な自家用車では初回が3年で以降2年ごととなっていますが1ナンバーと呼ばれる大型貨物車やタクシーは1年ごと、わナンバーのレンタカーは初回が2年で以降1年ごととなっています。

クレーン車やキャンピングカーなどの特種用途自動車、いわゆる8ナンバー車は初回が2年、以降2年ごとです。期限前になっても国や自治体から通知が来るわけではないため、それぞれでしっかりと管理を行っておく必要があります。

法人名義の車もOK!車検ならラチェットモンキーへ

香川県でこれまでたくさんの車を扱ってきたラチェットモンキーでは、法人名義の車検も受け付けています。それぞれの費用や都合に合わせた最適な見積もりをわかりやすい説明とともに受けることができ、はじめて法人名義の車を車検に出す際も安心です。

社用車は自家用車に比べて使用頻度が高く走行距離も伸びる傾向にあるため、日頃から入念な点検を習慣にしておきましょう。そのほか車に関することならどんなことでも、ラチェットモンキーへご相談ください。

土日・祝日も車検OK!車検ご予約はこちら

10秒でカンタン見積り!車検見積はこちら


関連する記事

車検なら、香川県高松市のラチェットモンキーへ!

【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2019.07.04│車検

190601-2.jpg

車の買い取り査定を行ってもらうときにポイントとなる要素といえば、走行距離がまず頭に浮かびます。基本的に新しい車ほど査定が高くなりますが、走行距離の多い過走行車でも高く買い取ってもらうことができるのでしょうか?

気になる高額買い取りの条件をわかりやすく解説します。

買い取り査定額が下がる、過走行車

車は走れば走るほど各部品が摩耗し損傷も進むため、価値が下がります。標準的な走行距離を超えるペースで走り続けた車を過走行車といい、買い取り額はその度合いに応じて低くなります。

標準的な走行距離とは年間8,000kmから10,000kmの範囲を指しますが、総走行距離が50,000kmであってもその距離を2年間で走ったのか6年間で走ったのかによって買い取りの査定額は変わってきます。

つまり単純な総走行距離ではなく年数と距離によって評価が決まるわけです。ただし総走行距離が10万kmを超える車は年数に関わらず過走行車とみなされる傾向にあります。

過走行車や廃車同然の車にも価値はある

一般的に過走行車や動かなくなった車には価値がなく買い取ってもらえないと考えてしまいがちですが、この認識は正しくありません。

まず走行距離についてですが、特に日本車は品質が高いため大切に乗れば20万kmから30万km走ることもできます。10万kmを走った車は日本では過走行車といわれますが、海外ではまだまだ需要が高く現役ということがあるのです。

また動かなくなった車でもオプションパーツなどの部品に価値があったり、その他各部や車両本体に使われている材料にも資源としての価値があったりします。

高額買い取りの条件とは?

過走行車については買い取りの査定が低くなると説明しましたが、査定額を決める要素は他にもあります。主なポイントを重視される順に並べると次のようになります。

●走行距離
●車種の需要
●事故歴
●年式
●車両の状態

走行距離が少なく人気のある車種、さらに事故歴が無く年式の新しいキレイな車ほど高く買い取ってもらうことができます。古い年式の車で走行距離が10万kmを超えるような場合、買い取り価格が1万円を切るケースもめずらしくありません。しかしこのような場合でもあきらめて廃車にすることはないのです。

業者によっては過走行車や動かない車、廃車にするしかないような車でも買い取りを行ってくれるケースがあるためです。過走行車を買い取ってくれる業者は車の持つこれらの価値を理解しているからこそ、相応の査定を行っているのです。

香川県で廃車手続きの代行を依頼するならラチェットモンキーへ

年間の走行距離が8,000kmから10,000kmを超える車や総走行距離が10万kmを超える車を過走行車と呼びます。過走行車は買い取り査定額が低くなるのが普通ですが、それでも少しでも高く買い取ってもらえればと思うのが人の常だと思います。

ラチェットモンキーでは、どのような状態のお車でも1万円以上で買い取っています。過走行で普通は査定が付かないお車でも、ラチェットモンキーにご相談いただければ買い取らせていただきます!

ラチェットモンキーの車両買取りはこちら

 

【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2019.06.24│廃車

190601-2.jpg

車の警告灯が常時点灯していると、安全に走行できない恐れがあります。警告灯の種類によっては車検に通らない可能性もあるため、普段から確認する習慣をつけておきましょう。今回は警告灯の意味や主な種類、車検時の対策などをご紹介します

各機能の状態を示す、警告灯

運転席のメーターパネル内に設置されている警告灯はウォーニングランプやテルテールとも呼ばれるもので、各機能の状態や車両故障、異常の発生などを運転者に知らせるための装備です。

警告灯が点灯または点滅している場合は、その内容に応じて確認を行う必要があります。警告灯の種類やその表示はメーカーや車種、グレードなどによっても異なりますが主に緑、黄、赤の3色に分けられていて、緊急度や重要度に応じた状態表示を行っています。

緑色の警告灯

緑色の警告灯は表示灯とも呼ばれ、主に車の装備の状態を示すものです。点灯していても走行自体には影響しないものが多く緊急性は高くありません。方向指示器表示灯やライト点灯表示、エコドライブインジケーターなどが主に緑色で点灯するタイプの警告灯です。

このほかハイビームの表示灯や低水温表示灯など緑以外の色で点灯する表示灯もありますが、同様に緊急を要するものではありません。

黄色の警告灯

黄色またはオレンジ色で点灯する警告灯は、注意を要する警告です。点灯したからといって走行に必ずしも影響があるわけではありませんが、対象となる機能が正常に動作していなかったり一定の水準を下回ったりした際に点灯するものが多く、点灯した際には確認を行うことが推奨されます。

主なものにはブレーキシステム警告灯やエンジン警告灯、ABS警告灯などがあります。フロントガラスやリアガラスなどを洗浄するためのウォッシャー液が少なくなった場合の警告灯もここに分類されます。

赤色の警告灯

赤色の警告灯は機能に何らかの異常が発生していることを示すもので、より緊急度が高いものに採用されています。エアバッグ警告灯や油圧警告灯、水温警告灯など走行時の安全に関わるものが多いため、赤色の警告灯が点灯している場合には早急に確認する必要があります。

サイドブレーキを引いた状態で点灯するブレーキ警告灯はブレーキが故障している場合にも点灯することがあるので、サイドブレーキを下ろしているにも関わらず消灯しない場合には点検を受けるようにしましょう。

警告灯が点灯していると車検に通らない?

車検の目的は、車が安全基準を満たしているかを確認することです。故障や異常が発生して警告灯が点灯している状態では安全基準を満たさないとみなされ、車検に通らないことがあります。

平成29年2月の改正で厳格化された車検の基準では、次の警告灯が継続点灯または点滅している場合には検査を行わないこととされています。

●前方のエアバッグ
●側方のエアバッグ
●ブレーキ
●ABS
●原動機

これらの警告灯が点灯している状態だと検査時における車両状態に該当しないため、検査を受けることができません。対策としてはディーラーや専門業者に点検や交換を依頼するのがもっとも確実でおすすめです。

検査時における車両状態とはこれらの警告灯が点灯していないほか、未積載で運転者1名が乗車した状態であることや装着しているタイヤがスペアタイヤでないことなどの条件を満たす状態を指します。

基本的に黄や赤の警告灯が点灯している場合は必ず確認を行うようにしましょう。車検前には少なくとも上記の警告灯が点灯していない状態にしておかねばなりません。

香川県で車検を受けるならラチェットモンキーへ

車の警告灯は各機能の状態を示したり異常の発生を知らせたりするための装備です。緊急度に応じて緑、黄、赤の3色に分けられていることが多く、黄や赤の警告灯が点灯している場合は早急にチェックを行う必要があります。

エアバッグやブレーキ、ABSなどの警告灯が点灯している状態では車検を受けることができません。運転前や車検前には必ずそれらのチェックを行う習慣をつけ、点灯している場合はディーラーや業者に点検を依頼するなどの適切な対処を行いましょう。

ラチェットモンキーで車検を受けていただければ、車検前に問題のある個所を点検して、対処してから車検に通すことが可能です。

もちろん、作業の前に「車検に通すために必要なもの」と「緊急性はないけれど対処を推奨するもの」とを分けて明確にご提示して、ご納得いただいた上で行いますので、知らない間に作業が進み、後から費用が知らされるというようなこともありません。

土日・祝日も車検OK!車検ご予約はこちら

10秒でカンタン見積り!車検見積はこちら


関連する記事

車検なら、香川県高松市のラチェットモンキーへ!

【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2019.06.10│車検