プロが教えるマイカー整備の基礎知識

HOME > プロが教える!マイカー整備の基礎知識

自然災害の増加によって愛車が水没してしまい、水没車または冠水車になってしまうことがあります。水に沈んだ車を見ると精神的に大きなダメージを受けますが、同時にその先、車をどうすれば良いのか分からないという方もいるでしょう。

水没車の修理費用がどれくらいになるのか、業者に買い取りをしてもらう場合の金額はいくらくらいになるのかを比較して、水没車をどのように扱うべきかを考えていきましょう。

水没車を修理する時の費用はどれくらい?

水没してしまった車を見ると、もう修理できないと思ってしまうかもしれませんが、水没車でも修理はできます。同じ水没車でも水没の程度によって修理費用が異なるため、まずは水没の程度を次のように分けて考えてみましょう。

●軽度の浸水
●シートの下まで浸水
●シートの上まで浸水
●エンジンやトランスミッションまで影響が出ている

自然災害によって車が水没した場合、単に水が車内に入ってきたというよりは、泥水が浸水してくる場合の方が多くなります。シートが泥水に濡れてしまうと、修理費用がかなり上がるため、シートまで浸水しているかが費用の大きな分かれ目になります。

大まかな目安になりますが、タイヤが水没するなどの軽度の浸水の場合は、おおよそ5万円ほどの修理額になります。またシート下まで浸水してしまった場合は、25万円ほどの修理費用がかかることが一般的です。

そしてシートの上まで浸水した場合であれば、約50万円の修理費用が必要になることが多く見られます。浸水してきた水の汚れ具合によっても金額は大きく変わりますが、大まかに分けると上記のような修理費用が必要です。もっとも高額なのはエンジンやトランスミッションまで水没した場合であり、100万円以上の修理費用となるケースもあります。

仮にエンジンやトランスミッション自体が使えないために交換が必要になれば、金額は100万円では足りません。車種によっても費用は大きく変わりますが、平均的な車種であれば、水没車の修理費用はおおよそ上記のように考えておくと良いです。年式が7年以上前の古い車になると、高額な修理費用を出して使い続けるよりも買い替えの機会と考えて、買い取りを選択する方が良いこともあります。

水没車を買い取りしてもらうといくらになる?

水没車を買い取りしてもらうことはできないと思っておられる方も多いかもしれません。確かに中古車市場では水没車もしくは冠水車は敬遠されるのは事実です。しかし業者に買い取りしてもらえる可能性が0%というわけではないので、最初から諦める必要はありません。

水没した車の中には、思いのほか高めの査定額が付く車種もあります。2015年式の水害車プリウスに25万円の値がついたことがありました。人気の高いSUV車になると、トヨタの2016年式C-HRに70万円、2014年式日産エクストレイルに27万円の値がついたこともあります。

ワンボックスの2015年式オデッセイには50万円、2014年日産エルグランドには76万円の査定額がつきました。軽自動車では、2016年式スズキのジムニーが7万円、2015年式ホンダN-BOXに5万円の査定額がついたこともあります。

もちろん年式や水没の状態にもよりますが、水没イコール0円というわけではないことが分かります。しかし水害車の買い取りを依頼する時は、どこの業者でも良いというわけではありません。基本的には水害車の買い取りに特化している業者や海外への販売販路を持っている業者の方が、査定額が高くなる可能性があります。

自然災害によって水没してしまった車でも修理すれば、引き続き乗れる可能性もあります。しかし修理費用は、数十万円から数百万単位となり、思った以上の出費になる可能性が高いです。修理をした後になって、水没が原因で故障が発生するリスクも否定できません。

特別に愛着のある車でないなら、修理をする前に査定に出し、査定額を調査するのも良い方法です。その査定額に基づいて修理をするか、買い取りを依頼するのか決めるのが賢明です。

水没車の買い取りならラチェットモンキーへ

水没車を買い取って修理し、中古車として再度販売する以外にも、廃車として解体し、部品や金属に分けて再利用する方法もあります。一般的に中古買取と廃車買取は専門とする業者が異なりますが、ラチェットモンキーではどちらも取り扱っていますので、中古買取か廃車買取か、適した買い取り方法でご提案できます。

香川県内であればどこでも無料出張査定をお受けしていますので、お気軽にご相談ください。

ラチェットモンキーの車両買取りはこちら

 

【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2019.08.21│廃車

公道で車を走らせるためには、国が定めている基準に適応していなければなりません。重要な検査項目が幾つもありますが、排ガスの検査基準をクリアできず車検に通らなかったという方も少なくありません。

ヘッドライトなどと比べると排ガスの不備は発見しにくいですが、排ガス検査で引っかからないようにするため注意すべき点を確認しましょう。

車検時の排ガス検査基準と検査方法

まずは車検時の排ガスの検査基準について確認しておきましょう。排ガス検査とは、排気ガスの中に含まれている一酸化炭素COと炭化水素HCの濃度を測定する検査の事です。道路運送車両の保安基準第31条に規定されている検査基準を超えている車両は、車検に通らないため公道を走ることはできません。ガソリン車の場合、CO基準値は1.0%、HC基準値は300ppmです。

検査方法は排気ガスを検査するためのプローブという検査棒をマフラーに入れて、COとHCの濃度をチェックします。特殊な機械を使ってチェックするため、排ガス規制の基準を超えていないか個人が調べることはできません。

不安がある場合は、テスター屋さんに車両を持ち込んで調べてもらう必要があります。では、なぜ車検の排ガス検査に引っかかってしまうことがあるのでしょうか?また排ガス検査で引っかからないための注意点はなんでしょうか?

車検を受ける時の注意点

排ガス検査で引っかかり、車検に通らない原因の多くはエンジンの状態が悪いことです。年式の古い車はどうしてもエンジンが劣化してくるため、排ガス検査に引っかかる確率が上昇します。排ガスの検査基準を超えてしまう車を見分ける方法は、いくつかあります。

  • ・エンジンからの異音
  • ・マフラーから白煙
  • ・排ガスが臭い


こうした状態が見られたからといって、必ず排ガスの検査基準をオーバーしていると判断できるわけではありませんが、判断材料にはなるので注意しましょう。車検を受ける前にこうした注意点をチェックしておきましょう。仮に上記のような状態が見られ、車の年式が古くなっているなら、エンジンの状態が改善するよう、次の項目を試してみることもできます。

  • ・スパークプラグの交換
  • ・ガソリンの添加剤
  • ・アイドリングを検査前に行う


上記の3つのポイントも、排ガスが原因で車検に通らなくなるのを避けるための注意点です。スパークプラグ(点火)が古くなり劣化してくると、エンジンが不完全燃焼を起こすことがあり、結果として排ガスの検査基準を超える事につながります。個人でスパークプラグを交換できる方であれば、車検前に新しいものにしておくのは良い方法です。

またエンジンの状態が安定していない時は、どうしても排ガスの数値が悪化してしまう傾向もあります。ですから検査を受ける直前にエンジンをかけるのではなく、アイドリングの時間を少なくとも10分以上は取るようにしてください。

加えてエンジンの状態を安定させるためにガソリンの添加剤を入れるのも、試す価値のある良い方法です。これによってエンジンの状態が現状よりも安定し、排ガスの検査基準を下回る数値が出ることもあります。

こうした注意点は、車検を受ける前にできる簡易的な対処方法です。もし対処しても、まだマフラーから白煙が出たり、エンジンから異音がしたりするのであれば、車検前でなくとも安全のために車を整備されることをおすすめします。

車検には排ガスの検査基準が定められており、基準値を上回る数字が検出された場合車検に通りません。そうなると車検場に持っていった車をもう一度持ち帰り、部品の交換やメンテナンスをしなければならなくなります。

時間も費用も余計にかかってしまうため、車検前に排ガス検査のための注意点をしっかりと確認しておいてください。ただし専門的な知識が必要な分野については、プロに整備をお願いしましょう。

排ガス検査や車検はラチェットモンキーへ

今の排ガス検査値が気になる方は、香川県高松市に三店舗展開しているラチェットモンキーにご相談ください。車の専門家であるスタッフが点検し、必要であれば部品の交換などの対処をご提案いたします。

もちろん、検査後無断で部品の交換などを行い、後から追加のご請求をすることはありません。必ず状態のご説明をして、車検に通るか否か、どの程度基準値に迫っているかなどご理解いただいた上で、交換するかどうかはお客さまにご判断いただいております。

車検も行っていますので、排ガス検査で問題がなければ、そのままラチェットモンキーに車検もご依頼ください。インターネットで車検の予約をしていただければ、車検費用の1,000円割引などの特典もあります!

土日・祝日も車検OK!車検ご予約はこちら

10秒でカンタン見積り!車検見積はこちら


関連する記事

車検なら、香川県高松市のラチェットモンキーへ!

【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2019.08.09│車検

事故を起こした車を修理する際、もっとも気になるのはその費用でしょう。修理に出したいけれど費用が気になって二の足を踏んでいる人は意外に多いもの。事故車の修理費用の目安について、様々な事例を踏まえて解説します。

事故車の修理費用、どれくらいかかる?

事故を起こした車の修理にかかる費用はケースバイケースですが、その概算を出す際に関係してくるのは修理箇所と損傷の程度、そして修理工程です。 実際の額は車種によっても大きく変わってきますが、今回は次のケースについて修理費用の目安をご紹介しましょう。

●フレームの歪み
●エンジンの損傷
●バンパーの傷、ヘコミ
●ドアの傷、ヘコミ
●エアコンの故障

フレームの歪み

衝突事故などで車の骨組みであるフレームが歪んでしまうほどの損傷を受けた場合は、修理費用も高額になります。一部の損傷でも10万円、全損に近い場合は100万円を超えるケースも出てきます。修理費用が車の時価額を超える、いわゆる経済的全損の場合は廃車や買い替えも含めて検討する必要があるでしょう。

エンジンの損傷

車の心臓部であるエンジンの損傷も修理費用が高額になる事例です。多くの場合でエンジンそのものを載せ換えることになるため、エンジン本体代プラス工賃で50万円以上が目安となります。

バンパーの傷、ヘコミ

車の前後に取り付けられ緩衝材の役割を果たしているバンパーは、もっとも損傷を受けやすい部分でもあります。軽いヘコミやかすり傷のような軽度の損傷であれば1万円から5万円前後で修理できることもありますが、バンパー自体を交換するような損傷になると総額10万円から20万円以上がかかるケースもあります。

ドアの傷、ヘコミ

日常使用で多くみられるケースが、ドアの損傷です。損傷箇所の程度が軽く板金や塗装のみで修理できる場合は数千円から2万円前後が目安となりますが、ドア自体を交換する場合は10万円を超えるケースが多くなります。外車などでパーツ自体を取り寄せる場合には輸送費などを含めて数十万円がかかるケースもめずらしくありません。

エアコンの故障

エアコンが効かなくなった場合の修理費用も程度によって異なりますが、冷媒であるエアコンガスが切れているだけの場合はその補充費用で1万円前後、コンプレッサーやパイプなど内部のパーツ修理を行う場合は数万円。エアコン自体の交換になると20万円前後が目安となってきます。

車両保険の適用は状況に応じた判断を

以上は実費での修理費用の目安ですが、車両保険に加入している場合はその適用を受けて修理費用の補償ができる場合があります。

ただし保険を適用すると等級が下がって翌年以降の保険料が上がることになるため、長い目で見ると必ずしも得策になるとは限りません。修理費用の見積もりが出たら保険料の支払いなどについて総合的に考慮したうえで判断しましょう。

異常を感じた場合は必ず専門家に相談しよう

車を構成する各部品は走行するにつれ少しずつ摩耗し、損傷していきます。一見異常がなさそうに見える場合でも内部で深刻な損傷が発生している場合もあります。わずかな傷やヘコミで走行には支障がないからと、そのまま放置して車を使い続けることはおすすめできません。

たとえ事故を起こしていなくても、乗っていてガタつく、音が鳴るなどの異常を感じた場合は必ず専門家に相談しましょう。

修理は見積もりをよく確認してから

事故車の修理費用は、損傷箇所やその程度などによって様々です。場合によっては廃車や買い替えなどを検討する必要もあるでしょう。大切なのは修理前に見積もりを確認し、内容や費用について納得したうえで依頼をすることです。車両保険の適用を行うかなども含めて、よく検討したうえで信頼できる業者に依頼をしましょう。

香川県で事故車の買取りを依頼するならラチェットモンキーへ

事故車の修理が難しく、処分しなければならなくなった時には、ラチェットモンキーへご相談ください。ラチェットモンキーでは、どのような状態のお車でも1万円以上で買い取っています。

事故で大きく破損し、自走もできなくなったお車でも問題ありません。事故車の処分にお困りなら、是非一度お問い合わせください。

ラチェットモンキーの車両買取りはこちら

 

【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2019.07.15│廃車

車検を受けて保安基準に適合していることが認められなければ、車は公道を走行できません。法人名義で登録されている社用車なども、定められた期間ごとに車検を受ける必要があります。ここでは法人名義の車で車検を受ける場合について、個人名義の自家用車で車検を受ける場合との違いや注意点などを解説します。

あらゆる車に義務付けられている車検

車検を受けることは所有者の義務であり、これは車の名義が個人と法人のどちらであっても変わりません。自家用車を会社名義で登録しているような場合でも同様です。

車検には新車購入時に行われる新規車検と車検証の有効期限を延長するための継続車検、長さや積載量などを変更するための構造等変更車検がありますが、一般的に車検というと継続車検を指すケースがほとんどです。継続車検に必要な書類は、次の7点です。

  • ・自動車検査証
  • ・自動車損害賠償責任保険証明書
  • ・自動車税納税証明書
  • ・自動車重量税納付書
  • ・自動車検査票
  • ・点検整備記録簿
  • ・継続検査申請書


これらの書類以外で必要になるのは印紙代や検査にかかる手数料などの費用、そして印鑑です。 ここまでは名義が個人と法人の場合で違いはありませんが、印鑑の扱いについては車の名義によって少し変わってきます。

名義による手続きの違い

継続車検で提出する継続検査申請書について以前は使用者の押印が必須でしたが、国土交通省の通達により平成10年4月以降は押印が必須ではなくなっています。

まず名義が個人の場合ですが、申請書の氏名欄に使用者が署名を行う場合は押印を省略できます。ただし新規登録や移転登録に伴う申請の場合は従来どおり実印が必要になるので注意しましょう。署名は申請を行う使用者本人が直筆で、フルネームを記載する必要があります。

名義が法人の場合は、会社の代表者本人が役職と氏名を直筆で記載する場合に押印を省くことができます。ゴム印やワープロ印字など、署名を直筆以外の形で行う場合には従来どおり代表社印の押印が必要になります。この代表社印は認印で問題ありません。

いずれの場合でも直筆の署名が不明瞭で判読不能とされた場合には修正を求められることがあります。車検を担当する業者によっても印鑑の要否に関する説明は異なる場合があるため、準備しておくと安心でしょう。

本体にインクが内蔵されているインク浸透印、いわゆるシャチハタは車検に使用する認め印としては使えない場合があります。シャチハタはその素材がゴムであること、また朱肉の代わりにインクを使用していることなどから印影や色が変化する可能性があるため、基本的に公的書類での使用には向きません。

車検証の有効期限に注意!

法人名義の車を車検に出す際は、期限に注意しましょう。車検証の有効期限は車の種別や用途によって異なります。一般的な自家用車では初回が3年で以降2年ごととなっていますが1ナンバーと呼ばれる大型貨物車やタクシーは1年ごと、わナンバーのレンタカーは初回が2年で以降1年ごととなっています。

クレーン車やキャンピングカーなどの特種用途自動車、いわゆる8ナンバー車は初回が2年、以降2年ごとです。期限前になっても国や自治体から通知が来るわけではないため、それぞれでしっかりと管理を行っておく必要があります。

法人名義の車もOK!車検ならラチェットモンキーへ

香川県でこれまでたくさんの車を扱ってきたラチェットモンキーでは、法人名義の車検も受け付けています。それぞれの費用や都合に合わせた最適な見積もりをわかりやすい説明とともに受けることができ、はじめて法人名義の車を車検に出す際も安心です。

社用車は自家用車に比べて使用頻度が高く走行距離も伸びる傾向にあるため、日頃から入念な点検を習慣にしておきましょう。そのほか車に関することならどんなことでも、ラチェットモンキーへご相談ください。

土日・祝日も車検OK!車検ご予約はこちら

10秒でカンタン見積り!車検見積はこちら


関連する記事

車検なら、香川県高松市のラチェットモンキーへ!

【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2019.07.04│車検

190601-2.jpg

車の買い取り査定を行ってもらうときにポイントとなる要素といえば、走行距離がまず頭に浮かびます。基本的に新しい車ほど査定が高くなりますが、走行距離の多い過走行車でも高く買い取ってもらうことができるのでしょうか?

気になる高額買い取りの条件をわかりやすく解説します。

買い取り査定額が下がる、過走行車

車は走れば走るほど各部品が摩耗し損傷も進むため、価値が下がります。標準的な走行距離を超えるペースで走り続けた車を過走行車といい、買い取り額はその度合いに応じて低くなります。

標準的な走行距離とは年間8,000kmから10,000kmの範囲を指しますが、総走行距離が50,000kmであってもその距離を2年間で走ったのか6年間で走ったのかによって買い取りの査定額は変わってきます。

つまり単純な総走行距離ではなく年数と距離によって評価が決まるわけです。ただし総走行距離が10万kmを超える車は年数に関わらず過走行車とみなされる傾向にあります。

過走行車や廃車同然の車にも価値はある

一般的に過走行車や動かなくなった車には価値がなく買い取ってもらえないと考えてしまいがちですが、この認識は正しくありません。

まず走行距離についてですが、特に日本車は品質が高いため大切に乗れば20万kmから30万km走ることもできます。10万kmを走った車は日本では過走行車といわれますが、海外ではまだまだ需要が高く現役ということがあるのです。

また動かなくなった車でもオプションパーツなどの部品に価値があったり、その他各部や車両本体に使われている材料にも資源としての価値があったりします。

高額買い取りの条件とは?

過走行車については買い取りの査定が低くなると説明しましたが、査定額を決める要素は他にもあります。主なポイントを重視される順に並べると次のようになります。

●走行距離
●車種の需要
●事故歴
●年式
●車両の状態

走行距離が少なく人気のある車種、さらに事故歴が無く年式の新しいキレイな車ほど高く買い取ってもらうことができます。古い年式の車で走行距離が10万kmを超えるような場合、買い取り価格が1万円を切るケースもめずらしくありません。しかしこのような場合でもあきらめて廃車にすることはないのです。

業者によっては過走行車や動かない車、廃車にするしかないような車でも買い取りを行ってくれるケースがあるためです。過走行車を買い取ってくれる業者は車の持つこれらの価値を理解しているからこそ、相応の査定を行っているのです。

香川県で廃車手続きの代行を依頼するならラチェットモンキーへ

年間の走行距離が8,000kmから10,000kmを超える車や総走行距離が10万kmを超える車を過走行車と呼びます。過走行車は買い取り査定額が低くなるのが普通ですが、それでも少しでも高く買い取ってもらえればと思うのが人の常だと思います。

ラチェットモンキーでは、どのような状態のお車でも1万円以上で買い取っています。過走行で普通は査定が付かないお車でも、ラチェットモンキーにご相談いただければ買い取らせていただきます!

ラチェットモンキーの車両買取りはこちら

 

【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2019.06.24│廃車

190601-2.jpg

車の警告灯が常時点灯していると、安全に走行できない恐れがあります。警告灯の種類によっては車検に通らない可能性もあるため、普段から確認する習慣をつけておきましょう。今回は警告灯の意味や主な種類、車検時の対策などをご紹介します

各機能の状態を示す、警告灯

運転席のメーターパネル内に設置されている警告灯はウォーニングランプやテルテールとも呼ばれるもので、各機能の状態や車両故障、異常の発生などを運転者に知らせるための装備です。

警告灯が点灯または点滅している場合は、その内容に応じて確認を行う必要があります。警告灯の種類やその表示はメーカーや車種、グレードなどによっても異なりますが主に緑、黄、赤の3色に分けられていて、緊急度や重要度に応じた状態表示を行っています。

緑色の警告灯

緑色の警告灯は表示灯とも呼ばれ、主に車の装備の状態を示すものです。点灯していても走行自体には影響しないものが多く緊急性は高くありません。方向指示器表示灯やライト点灯表示、エコドライブインジケーターなどが主に緑色で点灯するタイプの警告灯です。

このほかハイビームの表示灯や低水温表示灯など緑以外の色で点灯する表示灯もありますが、同様に緊急を要するものではありません。

黄色の警告灯

黄色またはオレンジ色で点灯する警告灯は、注意を要する警告です。点灯したからといって走行に必ずしも影響があるわけではありませんが、対象となる機能が正常に動作していなかったり一定の水準を下回ったりした際に点灯するものが多く、点灯した際には確認を行うことが推奨されます。

主なものにはブレーキシステム警告灯やエンジン警告灯、ABS警告灯などがあります。フロントガラスやリアガラスなどを洗浄するためのウォッシャー液が少なくなった場合の警告灯もここに分類されます。

赤色の警告灯

赤色の警告灯は機能に何らかの異常が発生していることを示すもので、より緊急度が高いものに採用されています。エアバッグ警告灯や油圧警告灯、水温警告灯など走行時の安全に関わるものが多いため、赤色の警告灯が点灯している場合には早急に確認する必要があります。

サイドブレーキを引いた状態で点灯するブレーキ警告灯はブレーキが故障している場合にも点灯することがあるので、サイドブレーキを下ろしているにも関わらず消灯しない場合には点検を受けるようにしましょう。

警告灯が点灯していると車検に通らない?

車検の目的は、車が安全基準を満たしているかを確認することです。故障や異常が発生して警告灯が点灯している状態では安全基準を満たさないとみなされ、車検に通らないことがあります。

平成29年2月の改正で厳格化された車検の基準では、次の警告灯が継続点灯または点滅している場合には検査を行わないこととされています。

●前方のエアバッグ
●側方のエアバッグ
●ブレーキ
●ABS
●原動機

これらの警告灯が点灯している状態だと検査時における車両状態に該当しないため、検査を受けることができません。対策としてはディーラーや専門業者に点検や交換を依頼するのがもっとも確実でおすすめです。

検査時における車両状態とはこれらの警告灯が点灯していないほか、未積載で運転者1名が乗車した状態であることや装着しているタイヤがスペアタイヤでないことなどの条件を満たす状態を指します。

基本的に黄や赤の警告灯が点灯している場合は必ず確認を行うようにしましょう。車検前には少なくとも上記の警告灯が点灯していない状態にしておかねばなりません。

香川県で車検を受けるならラチェットモンキーへ

車の警告灯は各機能の状態を示したり異常の発生を知らせたりするための装備です。緊急度に応じて緑、黄、赤の3色に分けられていることが多く、黄や赤の警告灯が点灯している場合は早急にチェックを行う必要があります。

エアバッグやブレーキ、ABSなどの警告灯が点灯している状態では車検を受けることができません。運転前や車検前には必ずそれらのチェックを行う習慣をつけ、点灯している場合はディーラーや業者に点検を依頼するなどの適切な対処を行いましょう。

ラチェットモンキーで車検を受けていただければ、車検前に問題のある個所を点検して、対処してから車検に通すことが可能です。

もちろん、作業の前に「車検に通すために必要なもの」と「緊急性はないけれど対処を推奨するもの」とを分けて明確にご提示して、ご納得いただいた上で行いますので、知らない間に作業が進み、後から費用が知らされるというようなこともありません。

土日・祝日も車検OK!車検ご予約はこちら

10秒でカンタン見積り!車検見積はこちら


関連する記事

車検なら、香川県高松市のラチェットモンキーへ!

【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2019.06.10│車検

190601-2.jpg

メンテナンスを丁寧に行っていれば、車は10年以上経っても快適に利用することができます。 しかし生活の変化によって車を処分する必要が出てくるケースがあります。

●引越しによって車が必要なくなった
●免許を返納したため車を処分したい
●病気になって車を運転する機会がなくなった
●結婚や子供ができたので車を買い替えた

こうした理由のために車を手放すことになる方も多いようです。大切に使ってきた愛車だからこそ、手放す時には少しでも良い方法を選択していきたいもの。
不要車の処分方法について解説します。

中古車を買い取りしてもらう

不要車を処分する方法として、最も良い方法は中古車を買い取りしてもらうことです。買い取ってくれる業者がいるにも関わらず不要車を売却せず処分してしまうのは、本当にもったいないです。
車を買い取りしてくれる業者には、以下のようなところがあります。

●中古車買取専門業者
●大手買取業者
●ディーラー

この中で最もおすすめなのは、中古車買い取り専門業者です。

・中古車買い取り専門業者が1番おすすめの理由

中古車買取専門業者には特別な販路というものがあるため、買い取り後に販売できる効果的な方法を知っています。
例えば「すでに買い取り予定の不要車を必要としている顧客を持っている」もしくは「業者専用のオークション会場で売却する予定」というような方法です。
つまり在庫として保管する必要がないため、買取金額が高くなるというわけです。
加えて中間マージンがほとんどないため、買取金額が他の業者よりも高くなる傾向があります。長年、大切に使ってきた愛車であれば、少しでも高く売却できる方がうれしいのではないでしょうか?
その意味でも中古車買い取り専門業者がおすすめとなります。ただし1社のみに見積もりを出してもらうと正確な数字が分からないので、複数の業者に見積もり依頼を出すようにしましょう。

・大手買取業者

大手の中古車買い取り業者でも、不要になった車の買取見積りを出してもらうことができます。
しかし先ほどの買い取り専門業者とは異なり、大手となると買取価格が低くなってしまう可能性があります。
大手買い取り業者を利用する前に、買取専門業者で見積りを出してもらっておきましょう。

・ディーラー

車を買い換える時にディーラー引き取りを利用する方が多いようですが、不要車の売却で1番査定金額が低くなるのがディーラーです。
ディーラーにとっては新車販売が本来の業務であるため、不要車の買い取りはノウハウや販路が少ないため、結果として査定金額が低くなる傾向があります。
できるなら他の方法で愛車を手放す方をおすすめします。

不要車を処分する

大きな事故に遭った場合や買い取り業者で値段がつかなかった場合、不要車を処分する必要が出てくるかもしれません。
それ以外の状況では、買取専門業者での売却を第一に考えてください。万が一全ての買い取り業者に断られてしまった場合は、以下の方法を試せます。

●事故車買い取り業者
●車両引取業者
●廃車

事故車を専門で買い取りしている業者であれば、まだ可能性があります。
日本車は海外で評判が良く、事故車でも高値で取引されることもあるため、販売ルートを持っている業者であれば不要車でも問題なく売却できます。
こうした業者でも難しい場合、普通車であれば○万円、軽自動車なら○千円で引き取るという業者を探しましょう。車の状態に関わらず値段が付くため0円にはなりません。

最後の不要車処分の方法は廃車手続きですが、これは自分で廃車費用を支払って行わなければなりません。
最近では廃車手続きを無料で代行してくれる業者もあり、注目を集めています。

不要車の処分方法はたくさんありますが、やはり1番大切なことは愛車にしっかり値段を付けてくれる買い取り業者を選択することです。
0円で手放すのは、本当にもったいないことなので、一度買い取り専門業者に相談してください。

香川県で廃車手続きの代行を依頼するならラチェットモンキーへ

お車の売却・廃車を依頼するなら、まずは中古車・廃車査定依頼が必要です。査定依頼はぜひラチェットモンキーをご利用ください。
各種特典もご利用いただけますので、まずはご相談ください。

ラチェットモンキーの車両買取りはこちら

 

【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2019.05.21│廃車

190601-1.jpg

車検の重要性は分かっていても、忙しくてなかなか車検を受ける時間がなく、知らないうちに車検切れになっていたという事がありませんか。

しかし車検切れの車を運転する事は、危険であるだけでなく非常に重い罰則があります。この記事では車検切れの車を運転した場合の罰則や、どうすれば車検切れの車でも、車検を受けられるのか解説しています。

車検切れの車を運転した時の罰則

最初に確認しておきたい点ですが、車検切れ自体が違法になるわけではなく、車検切れの車を公道で運転する事が、道路運送車両法第58条の違法行為になります。
ですから自分の敷地内に車検切れの車が置いてあったとしても、それだけで罰則が発生することはありません。車検とは公道を安全に走れることを証明するためのものです。
仮に車検切れの車を公道で運転してしまった場合、どのような罰則があるのでしょうか?

●刑事処分:6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金
●行政処分:違反点数6点・免停30日

車検切れの車を公道で運転してしまった場合、故意かどうかに関わらず上記の刑事処罰と行政処罰が課されることになります。非常に重い処分が課されることが分かります。
しかし車検切れの車には、もう1つの罰則が加わる可能性も否定できません。

・自賠責保険も合わせて切れている可能性

車検を受ける時には、一緒に自賠責保険(強制保険)への加入が行われます。そのため車検切れの車は、自賠責保険も期限切れになっている可能性が高いでしょう。
自賠責保険は絶対に加入していなければならず、きちんと更新していないと罰則があります。

●刑事処分:1年以下の懲役又は50万円以下の罰金
●行政処分:違反点数6点

行政処分に関しては、瞬間的同時違反という原則が適用されるため、違反処分の大きな方だけが適用されます。
車検切れの車を運転した違反点数と自賠責切れの違反点数が6点と同じであるため、最終的な行政処分は6点減点と30日の免停です。

しかし刑事処分については罰則が加算されるため、1年6ヶ月以下の懲役又は80万円以下の罰金という処分となります。
さらに自賠責保険が切れている状態で車を運転し、事故を起こしてしまった場合、保険が適用されないため、賠償金額が天文学的な数字になる可能性も否定できません。
ですから車検切れの状態で車を運転することは、罰則という面だけでなく、非常に大きなリスクを抱えているという点を意識しなければならないでしょう。

車検切れの車を車検に通す方法とは?

車検切れが近い車であれば、今すぐに車検の申込みを行うようにしてください。
では仮に車検切れになってしまった車は、どのように車検を受けられるのでしょうか?
一般的な方法は以下の2つの方法になります。

●レッカー車による引取
●仮ナンバーの発行

民間の車検場の中には、車検切れの車をレッカー車で引取りに来てくれるところもあります。しかしレッカー車を利用して車両の受取を行うため、通常の車検費用よりもはるかに高額になりますから、レッカー車を利用する方法は、あまり現実的な方法ではありません。

もう1つの方法である仮ナンバーを役所で発行してもらうという方法が、車検切れの車が車検を受ける安価な方法になります。市役所に行って仮ナンバーを取得すると、数日間は公道を運転できるようになり、車検を受けられます。

車検を受けるつもりではあるものの、忙しくて申込みもできていないという方や車検切れになってしまっている方もいるでしょう。

最も良い方法は車検が切れる前に、土日でも車検を受けられる車検業者などを利用することです。車検切れの車を運転する罰則は非常に重いため、早めに便利な車検場を利用するようにしてください。

仮に車検切れになってしまった場合でも1日くらい大丈夫と考えるのではなく、仮ナンバーを役所で発行してもらってから公道を走るようにしましょう。
車検切れの車への取締は徐々に厳しくなっていますのでご注意ください。

車検・法定点検のご相談はラチェットモンキーへ

お車の検査・点検に関することならラチェットモンキーへご相談ください。 ラチェットモンキーでは、お客様の予算や状況に合わせて最適なご提案を行っております。

車検は土・日・祝日も受付しております。ぜひスタッフにお問い合わせください。

インターネットから車検のご予約も受け付けております。是非ラチェットモンキーの車検をご利用ください。

土日・祝日も車検OK!車検ご予約はこちら
10秒でカンタン見積り!車検見積はこちら
【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2019.05.08│車検

190424-1.jpg

様々な費用がかかる車検のうち、法定費用として含まれる項目のひとつに自動車重量税があります。
名前は聞いたことがあるが、詳しい意味や実際に払っている額などはよく知らないという人も意外に多いのではないでしょうか。
今回は、車検で支払う自動車重量税の税額について、最新情報も含めてわかりやすく解説します。

自動車重量税とは?

自動車重量税は自動車の区分や重量、経過年数などに応じて課せられる税金で、自動車重量税法で定められている国税の一種です。
元々は道路の整備や維持等にかかる費用をドライバーに負担してもらう、受益者負担の原則に基づいた道路特定財源定制度によって定められたものです。重い車ほど道路にも負担をかけるため税額も高くなるわけです。

現在はこの道路特定財源が一般財源化されているため、その原則が曖昧になっている部分がありますが、基本的な考え方としては理解できるところでしょう。
車検証の交付を受けるすべての人に納税義務がある自動車重量税は、原則として車検を受けるタイミングで納付することになります。

自動車重量税の額はどのようにして決まる?

自動車重量税の額はすべての車で一定ではなく、車の種類と重量、そして車齢という3つの要素によって決まります。自家用普通車の場合は0.5トンごとに額が増えていく仕組みになっていて、税額は1年ごとの額として定められています。
ただし二輪の軽自動車や検査対象外軽自動車は新車届出時1回のみの納付となります。

減免が受けられる、エコカー減税

自動車重量税に大きく関係する減税制度として、平成21年度(2009年度)の税制改正で定められたエコカー減税があります。

これは自動車重量税と自動車取得税に対する特例措置として、一定の条件を満たす車について減免を適用する制度です。元々平成31年(2019年)3月31日までの予定でしたが適用期限が2年間延長され、令和3年(2021年)4月1日までとなりました。
条件は排出ガス規制用件を満たしていること、かつ燃費基準における達成度が一定以上であることで、達成率に応じて減免区分が変わる仕組みになっています。

税額を決める区分の種類

税額を決める区分は基本的に新規登録時およびその後の継続車検時のそれぞれで定められていて、乗用車の場合は新規登録時の区分が次の6種類に分かれています。

★エコカー減免適用 免税
★エコカー減免適用 75%減
★エコカー減免適用 50%減
★エコカー減免適用 25%減
★エコカー本則税率
★エコカー減免適用なし

平成30年5月1日以降に新規登録をする乗用車で排ガス規制要件を満たし、かつ平成27年度燃費基準+10%を達成している車両については、本則税率となります。

2回目以降の車検となる継続検査時の区分は次の6種類です。

★エコカー減免適用 免税
★エコカー本則税率
★エコカー以外 13年未満
★エコカー以外 13年経過(平成28年3月31日まで)
★エコカー以外 13年経過(平成28年4月1日以降)
★エコカー以外 18年経過

平成32年度燃費基準を達成していれば、その達成状況に応じた免税が適用されます。免税対象外の場合は新規登録から13年、18年を経過した時点で税額が上がる点に注意しましょう。

自動車重量税の還付制度について

自動車重量税は車検の際に納付するものと説明しましたが、これは車検の有効期間分を前払いしているという意味です。車検の満了日までに車を処分することになった場合は、納付した自動車重量税の還付を受けることができます。
ただし還付を受けられるのは車が自動車リサイクル法に基づいて適正に処分された場合に限られます。
還付金額は残存期間に応じて月割で計算されるため、残存期間が1ヵ月以上ある状態で処分する場合は還付金の申請手続きを忘れずに行いましょう。

車検や整備に関するご相談はラチェットモンキーまで

今回解説した自動車重量税や車検の詳しい仕組みは、普段は意識することが少ないかもしれません。
特に車検をディーラーで受けている方の場合はこうした詳細に対する意識が低くなりがちです。自分が車検の費用としていくら払っているか、そしてその内訳がどうなっているかを知ることは支出をコントロールする意味でも有益です。

香川県のスーパー整備工房、ラチェットモンキーでは車検や車に関する相談を随時受け付けています。
豊富な知識と技術を持つスタッフが多数在籍しているので、疑問に思う点があれば気軽に問い合わせてみましょう。

香川県での廃車に関するご相談はラチェットモンキーまで

 

ラチェットモンキーの車両買取りはこちら

 

【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2019.04.21│車検

190424-2.jpg

もし事故を起こして、車が大破して走行不能になってしまったら。残念ですが車を処分することも考えなくてはなりません。
事故車の処分の、主な方法は廃車と売却の2つがあります。
今回は、それぞれの違いや費用の詳細、どちらがお得かなど、わかりやすく解説します。

事故車の処分方法

事故による車の損傷が軽ければ、修理を行うことで乗り続けることができます。
しかし修理が不可能なほど損傷が激しい場合や、修理費用が車両の時価額を超えてしまう場合もあります。いわゆる全損の状態です。こうなると車を処分する方向で考えざるを得ません。

車を処分する際の主な選択肢としては、廃車と売却の2つが挙げられます。

廃車手続き

廃車とは、運輸支局に登録されている車籍情報を取り消して車が走行できない状態にする手続きで抹消登録ともいいます。

抹消登録には使用を一時的に中断する一時抹消と完全に処分する場合の永久抹消がありますが、事故車を処分する場合は基本的に永久抹消を選択することになるでしょう。

手続きを自分で行う場合はまず車体前後のナンバープレートを取り外し、リサイクル業者に解体を依頼した後に必要書類を揃えて運輸支局に赴く必要があります。
これらの手続きは平日にしか行えませんが、手続きはカーディーラーや代行業者に代行してもらう手もあります。

廃車手続きでは主に次のような費用がかかります。

★解体費用
★リサイクル料金
★運搬費用
★申請書類代

リサイクル業者に解体を依頼する際に必要となるのが解体費用とリサイクル料金です。解体費用は大体1万円から2万円、車種によっても異なりますがリサイクル料金も1万円前後必要になります。

申請書類代は数百円程度ですが、自走できない場合に必要となる運搬費用も数千円から1万円近くかかる場合があるためトータルで最低でも3万円前後は見ておかなくてはなりません。手続きの代行を依頼する場合は代行費用も必要です。

買取業者への売却

事故車を処分するもうひとつの方法が、中古車買取業者や廃車買取業者への売却です。 「果たして事故車が売れるのか」と疑問に感じる人も多いかもしれませんが、結論から言うと事故車も売ることが可能です。

もちろん程度によって買取の額に違いはありますが、事故車だから売れないだろうと考えるのは早計です。故障して動かない車や修復不可能な車であっても、車を構成するパーツや材料等にはまだまだ価値が残っているからです。

インターネットオークションなどを利用して個人売買を行う方法もありますが、手軽で確実という点でおすすめなのは買取業者への売却です。

一部費用がかかる場合もありますが、買取額によっては相殺できたりプラスになったりすることもあります。買取業者の多くは無料査定を行っているため、まずは査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

廃車と売却どちらがお得?

事故車を処分する方法として廃車と売却のどちらがお得かですが、基本的には売却に軍配が上がるでしょう。

もちろん車の状態や買取業者によって買取額には差が出ますが、確実に数万円の費用がかかる廃車手続きよりも、プラスになる可能性がある売却をまずは検討することをおすすめします。手続きや買取査定に関して不明な点がある場合は、迷わず専門家に相談しましょう。

買取のご相談はラチェットモンキーまで

香川県でサービスを展開するラチェットモンキーでは車両買取サービスも行っており、どんな状態の車でも最低1万円以上で買い取ってもらうことができます。
今ならこの買取サービスの強化中で、買取額が5万円以上の場合は1年間のガソリン値引きという嬉しい特典つき。
香川県内であればどこでも無料で出張査定が受けられるので、まずは相談してみましょう。

土日・祝日も車検OK!車検ご予約はこちら
10秒でカンタン見積り!車検見積はこちら
【ラチェットモンキー 店舗のご案内】

ラチェットモンキー 東バイパス本店
高松市伏石町513-1
TEL:087-864-5015

ラチェットモンキー ルート32号店
高松市西山崎町927-1
TEL:087-806-0032

ラチェットモンキー 屋島店
高松市高松町斉田2554-41
TEL:087-818-0380

2019.04.08│廃車